自由に海外旅行できる生活を手に入れるため、30代で脱サラ。旅バカそして一匹狼として社会を生き抜く、不常識な人生放浪記。

家庭用ゲーム機の変遷

私自身が初めてコンピューターというものに触れたのは、任天堂のファミリーコンピューターであった。

私がちょうど小学校一年生ぐらいの時に発売になった。

みんなこぞって買いあさったので、爆発的にファミリーコンピューターは家庭に普及した。

当時はそれほど衝撃的だったのだ。

ソフト自体は本当に陳腐なものであった。

よく言えばシンプル。

しかし当時はそれで満足していた。

本体にソフトを差し込むと、接触が悪いときがよくあった。

その時は一度ソフトを引き抜いて、露出している基盤の部分に息を吹きかけて埃を振り払い、再び本体に挿入。

そういった面倒な作業もいい思い出だ。

ファミリーコンピューターは、衝撃にも弱かった。

例えば床にファミリーコンピューターを置いているとする。

そして人が近くを歩くと、よくバグっていたのだ。

ドラクエ等のロールプレイングゲームをしている時なんかは最悪だった。

何時間もかけて必死でレベルを上げたものが、一発で吹き飛んでしまうのだから。

おそらく、ファミコン世代のみんなが体験していることだろう。

その後しばらくしてディスクコンピューターというものが流行った。

ディスクコンピューター単体では、動作はしない。

ファミリーコンピューターとジョイントさせて、動作するというものであった。

基本スタイルはファミリーコンピューターの下にディスクコンピューターを置くというスタイル。

ディスクコンピューターのソフトというのはフロッピーディスクであった。

これがまた読み込みが遅い遅い。

今の時代なら完全に不良品扱いだろう。

しかし当時はファミリーコンピューターに告ぐ新しい家庭用コンピューターだったので、みんなハマっていた。

私のお気に入りのソフトがキン肉マンであった。

ファミリーコンピューターの発売を皮切りに、任天堂以外からも様々なコンピューターが世の中に出てきた。

PC エンジンやメガドライブなどがそうだ。

しかし普及率はいずれも低かった。

そうこうしているうちに任天堂がスーパーファミリーコンピューター、通称スーファミを発売した。

やはりゲーム世界は、任天堂が強かった。

スーファミはバカ売れした。

なぜ任天堂がそこまで爆発的に売れてしまうのかというと、一つは性能であったが、もう一つは、やはりソフトの多さだ。

マイナーどころのコンピューター会社と違って、任天堂のファミコンやスーファミに対応したソフトというのは爆発的に多かった。

スーファミはファミコンよりもかなりバージョンアップしていた。

接触不良も少なく、また衝撃にも強くなっていた。

スーファミは私が中学校のときに発売され、そして流行った。

ソフトの値段は安くはなかったため、あまり持っていなかったが、そこは人脈。

学校の友人同士でソフトの貸し借りを行い、いろいろなゲームを楽しんだ。

私が一番はまったのはフォーメーションサッカーとファミスタである。

ファミスタはファミコンの時からあったソフトだが、スーファミになって格段に進化していた。

フォーメーションサッカーはスーファミならではのソフトであった。

ファミコンが発売されたときに初めて買ったソフトが任天堂サッカーというソフトであったが、それとは比にならないぐらいフォーメーションサッカーは進化していた。

そして高校生のときにはプレイステーションが発売された。

これまでの家庭用コンピューターはアナログであったが、プレイステーションからはデジタルになった。

まさにファミコンが世の中に出て以来の革命であった。

アナログとデジタルでは格が段違いであった。

読み込みの遅さが否めなかったが、グラフィックの鮮明さには驚かされた。

またアナログソフトよりも、デジタルソフトの方が、容量が大きいので、ゲーム内容も盛りだくさんであった。

質と量ともに進化したというわけだ。

しかし、すべてにおいてアナログがデジタルに劣っているというわけではなかった。

プレイステーションは長く使っていると、読み込みが衰えるという特徴があった。

つまり、耐久性が弱いということだ。

その点においてはアナログゲームの方が強かった。

プレイステーションのソフトでは、やはりロールプレイングゲームが一番楽しめるのではないだろうか。

例えばファイナルファンタジーとかがそうだ。

確かプレイステーションのファイナルファンタジーは、バカ売れした。

それとプレイステーションの新しい点はコントローラーにもあった。

コントローラーが振動するのだ。

これはアナログコンピューターでは考えられなかったこと。

よりリアルなゲームを楽しめるということだ。

プレイステーションが発売されてその後何年かは、プレイステーションの時代だったと思う。

PlayStation 自体もワンツースリーと次々と進化していた。

私はプレイステーションのサッカーゲームにずっとハマっていた。

代表的なのはウイニングイレブンシリーズ。

世界的にもバカ売れしたサッカーゲームだ。

プレイステーション3においては、インターネットを通じて世界の人と対戦できたりした。

これはものすごい進化であった。

考えられないを通り越して意味がわからない。

そんなプレイステーション3をひそかに追随していたのが XBOX。

エクスボックスは、アメリカのマイクロソフトが出したコンピューターである。

XBOX のソフトに FIFA シリーズのサッカーがあった。

このサッカーゲームのリアルさが半端なかったので、ウイニングイレブンから乗り換えた。

ウイニングイレブンも面白かったが、ちょっとリアルさに欠け、ゲームっぽいところがあった。

私はその時リアル世界でサッカーをしていたため、ウイニングイレブンのゲームっぽいところにちょっと違和感があった。

すごい違和感をなくしてくれたのが FIFA シリーズのサッカーということだ。

XBOX は PlayStation ほどソフトが多くはなかったが、一つ一つのクオリティーは高かったと思う。

現に XBOX のソフトは FIFA のサッカー以外にほとんどしたことがない。

一つのソフトにはまっていたということだ。

その間にも世の中には、 Wii という画期的な家庭用コンピューターが普及していた。

普及度はそれほど高くはなかったが、 Wii は、それまでと全く違う感覚の家庭用ゲーム機であった。

体の動きを直接探知してゲームができるのだ。

実際私は今までやったことはないが、すごい進化だ。

子供たちの間ではニンテンドーDS が爆発的に流行っている。

小学生でも1人一つを持っているような感じだ。

街中で小学生を見つけると、みんな必死でやっている姿をよく見かける。

あれはあれでどうなのかなと思ってしまうが。

公園でみんなで集まって任天堂 DS をやっているのだ。

子供は公園では、体を使って遊ぶべきだと思う。

親たちもどのように教育していいのかわからないのだろう。

周りの子達も持っているから自分の国も買ってあげようという浅い考えだと思う。

任天堂 DS を買ってあげないといじめにあうからという理由も聞いたことがある。

この子供たちが成長した社会はどうなってしまうのだろう。

しかしながら、コンピューターの発達というのはすごいところまで来たと思う。

この先の進化が楽しみではあるが、反面、何か恐ろしい事になってしまうんじゃないかなという不安もある。

プロフィール

プロフィール

【国境なき自由人倶楽部・代表】
戸茂 潤(とも じゅん)

戸茂は不常識人!?

これまでの主な奇跡

社会放浪


自分独自


いろんな職


行き詰り


アジア放浪


サラリーマン


たび


生活


はてな