丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

マカオのB級グルメ散策ひとり旅

香港一人旅のついでにマカオを訪れてみた。

マカオにて半日滞在が許されたため、
ガイドブック片手に幾つかのB級グルメ店に訪れてみた。

マカオのガイドブックのグルメ紹介ページを見れば、
数多くの美味しそうなB級グルメが紹介されている。

普段はあまりグルメ観光は行わないが、
マカオのB級グルメには興味をそそられ、
”食欲”に意識を完全に持って行かれてしまった。

↓十月初五街の路地
20141017_130903

今回訪れたのは、聖ポール天主堂跡西側エリア。

有名なソフィテル・マカオホテルの近くに、
”十月初五街”という味のある下町が存在する。

車1台が通れるくらいの道路に沿って、
個人経営の老舗が軒を連ねる静かな地区だ。

この一角に”牛記カレー美食”という食堂がある。
完全にマカオ現地人ご用達という感じである。

広東語が話せないため若干入りにくかったが、
意を決して入店し、簡単な中国語でオーダーをしたところ、
通じたのでホッとした。

オーダーしたのは、店自慢の”カレーガウナム麺”という、
平たく言えばカレーうどんのような麺料理。

肉が贅沢なバラ肉が使われているのが特徴。

気になったのが、お客たちのほとんどが
食後にアイスミルクコーヒーを飲んでいたことだ。

なお香港ドルしか持っていなかったが、
素直に受け取ってもらえた。

マカオでは、香港ドルがどこでも通用するようだ。

 

20141017_133844

聖アントニオ教会近くを歩いていると、
タピオカドリンクのスタンドがあったので立ち寄ってみた。

私はタピオカミルクティーには目がない。

私の前には小学生高学年or中学生の子供が並んでいた。

マカオの子供は甘やかされて育てられている感じだ。
他のアジアの子供のような”逞しさ”を感じない。

我がままで頭でっかちな印象を受ける。

タピオカスタンドの若い店員には
中国特有のぶっきら棒な感じはなく、
笑顔で対応に応じてくれ、かなり印象は良かった。

 

20141017_143956

次に聖ドミニコ教会のすぐ東側の路地にある、
”小上海”という焼き餃子と肉まんの
テイクアウト店に足を延ばした。

私が店を発見したときは客は誰もいなく、
そこには仏頂面したオバちゃんが待ち構えていた。

一瞬構えてしまったが突入。
中国語で肉まん1個と餃子2個をオーダーすると、
まずいことになんか私に言ってきた。

なにがまずいかというと、私は中国語がほとんどできない。
特にリスニングはさっぱりだ。

しかし私はめげず、何を言っているのか推測し、
肉まん1個と餃子2個の主張を行った。

するとこの熱い議論を行っている間に、お客が増えており、
私の後ろに列がなされていることに気付いた。

私はプレッシャーを感じたため議論に終止符を打つが如く、
オバちゃんの問い掛けにYesで答えた。

商品を待っている間に若い女性客2人に声を掛けられたので
しばし英語で談笑。

私の揉めている姿を見て興味を持ったのだろう。
しかしおかげで緊張感が幾らかは和らいだ。

そしてしばらくすると商品を渡された。
中身をチェックすると、なぜか肉まん2個と餃子4個。
ぬぬっ、おやつにしては量が多すぎ。

しかしこれでも料金は250円ほど。
オバちゃんを許すことにした。

しかし人気のお店なのだろう。
帰る頃には、かなりの人で賑わっていた。

20141017_145456

 

 

十月初五街の東側の新捗頭街という通りに、
”頤徳行”という豆乳専門の老舗がある。

私自身、シンガポールで”豆腐花”と呼ばれる、
豆乳プリンにハマった経緯がある。

通常のプリンみたいに甘ったるくなく、
さっぱりしており、また身体に良い。

頤徳行に行くと、ひたすら豆腐花が作られ、
ショーケースに並べられていた。

そして出前のためか、次々と豆腐花が配達されていた。
さすが60年以上の歴史を持つ老舗。

ここでは作り立ての豆乳プリンが、
100円もしない値段で食べることが出来る。

しかも生姜のシロップをお好みで掛けれる。
生姜と豆乳という実に身体に良いデザートだ。

ここの若い男性マネージャーらしき人物は、
私に対し親切に英語で対応してくれた。

↓新捗頭街
20141017_151845

 

 

マカオのグルメ観光を行って感じたのは、
若いマカオ人らの性格の良さである。

困っていると親切にも声を掛けられたり、
日本人に興味を持ってたりと。

若いマカオ人に好意を抱かずにいられなかった。
年配者はそうでもないが。(苦笑)

 

もちろん今回食べたもの全てが美味だったのは言うまでもない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール