丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

海外旅行では英語が話せないと悲惨で恥ずかしい?

僕はこれまでに、様々な形の海外旅行を経験してきた。

添乗員完全同行の団体ツアー、現地添乗員付きのパックツアー、
複数人数での個人旅行、放浪1人旅といった感じに。

実際に、このようなそれぞれのステージの海外旅行によって、
英語の立ち位置というのは異なってくる。

 

 

添乗員完全同行ツアーという海外旅行時の英語

僕自身イタリアに行った時に、
このような形の海外旅行に参加した。

日本国内の空港ロビーで集合してからは、
エアラインチェックインから始まり、現地での移動、
現地ホテルのチェックイン、免税申告、トラブル時の対応、
帰国便のチェックイン、そして日本の空港ロビーに再び戻ってくる
まで全てのアクションを添乗員が代行する。

まさに手とり足とりといった具合。

上に挙げたものを見てわかると思うが、
この場合には英語は全く必要ない。

現地でも貸し切りバスでみんなで仲良く移動しながら、
観光名所巡りを行うため英語は必要ない。

しいて挙げれば、多少の自由行動の日があるので、
その時に買い物やレストランに行くのであれば、
単語を発するレベルの英語を使う機会もある。

しかし海外の観光名所にあるお店などでは、
日本語で買い物ができる場所も多い。

なので海外旅行と言えど行く場所次第では、
ほぼ英語は必要としない。

 

 

現地添乗員付きパックツアーという海外旅行時の英語

韓国のソウルに行った時、この形の海外旅行を行った。

指定されたホテルと航空チケットに、
現地添乗員が付いているというパック内容だった。

日本から現地の到着ロビーに着くまでは、
自分たちの力で行く必要があるが、
全て日本語で対応できるので英語は必要なし。

しいて言うなら、
現地のイミグレーションで決まりきった
英語というか英単語を使う可能性はある。

現地到着ロビーに行ってしまえば、
日本語堪能な添乗員が待っており、
用意された車でレストランやホテルに連れて行ってくれるので、
このプロセスでも英語を話せる必要とされない。

 

このような添乗員付きパック海外旅行では、
提携しているお土産屋に行くことも
スケジュールに入っている。

そういった場合には、
日本語可能なお店に連れて行かれるので、
英語を必要としないパターンが多い。

それ以外は自由時間となる。

この時は街を散策するにあたって、
多少の英語を話せることは必要となってくる。

タクシーに乗ったり、バスに乗ったり、
レストランで食事したりと。

必要とされる英語は、
団体旅行時の自由行動とあまり変わらない。

 

 

複数人の完全個人旅行という海外旅行時の英語

こうなると英語を使う頻度がグンと上がる。
それもそのはず全てを自分たちで処理するわけだから。

現地に着いてからの移動時、お金の両替、
ホテルのチェックイン、ホテル滞在時のクレームなどなど。

これらは英語、もしくは現地語で行うのが基本。

しかし複数人の場合、
単独で行動することはないと思うので、
一緒に行く仲間さえ英語が話せれば、
自分が英語話せないという状態でも
問題ないという点がある。

つまり相方次第で、海外旅行における英語の使う頻度が
変わるということだ。

 

 

一人旅という海外旅行時の英語

一人旅では、
ごく簡単な英語を話せるぐらいの能力は最低必須。

なぜなら旅行中、あらゆることを自力で
クリアしなければならないのだから。

しかし英語が話せないからといって、
一人で海外旅行ができない訳ではない。

僕の人生初の海外旅行は一人でアメリカだったのだが、
その時は英単語を発するぐらいで、
全く英語が話せなかった状態であった。

(記事:不安が襲う初めての海外旅行へ出発)

ただ何か不測の事態が起きた時は、
やはり英語が必要となる。

例えば病気とか、事故に巻き込まれたりとか。。。

また一人旅では、複数人の個人旅行と違って、
英語話せないと話し相手がいないので寂しくなる。

海外では日本語で話しかけられることがあるが、
彼らは詐欺師である率が高いので、
話し相手としては不適。

やはり同じ宿に宿泊しているゲストなどと、
会話を楽しみたいところだ。

その場合、もし日本人がいなければ、
もちろん英語力が必要なのは言うまでもないだろう。

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール