丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

アジアで最適なバックパッカーの靴選び

バックパッカーとして靴選びは、服装と同じく迷うことも多い。

私は普段、アジアをバックパッカーとして旅しているので、
その視点で靴についての話をさせてもらう。

アジアは暖かいというか、熱いエリアがほとんど。
なのでサンダルが快適に過ごせることは言うまでもない。

靴でずっと過ごす手もあるが、すぐ蒸れてしまったり、
また場所によっては砂埃が靴の中に溜まるので、
私は好まない。

また東南アジアではスコールがよく降り、
その後の道路がグチャグチャになり靴がビショビショになる。

その点サンダルだと、気軽に洗ったりできる。

 

私のスタイルとしては、飛行機内や移動の際は靴を履き、
街歩きはサンダル履き。

なぜなら空港や飛行機内は冷房がかなり効いているため、
サンダルだと寒いし、また荷物を軽くする意味もある。

また現地でバスなどで他の待ちへ移動する時は、
バックパックを背負って歩くので、サンダルだと歩きづらい。

これが私のざっくりとした考え。

また具体的にバックパッカーの靴として、
どういったものが良いのか以下に主観的に記した。

 

ビーチサンダル

medium_1387360027

個人的に現地ではサンダルを履くと言ったが、
ビーチサンダルは好まない。

なぜなら、指股の部分が擦れて痛いし、
クッションが全くないため腰が痛くなるから。

欧米人のギャル旅行者たちは、
よくビーチサンダルを履いているが疲れないのかと感心してしまう。

バックパッカーは、とにかく歩くことが基本。
私自身も1日に半端ない距離を歩く。

しかし滞在先での室内履きとしては、かなり活躍する。

またビーチや川で泳ぐ予定がある場合にも有効的なのは
言うまでもない。

まぁそういった場合は、現地で100円ぐらいで売られているので、
現地で履き捨てという形で問題ないだろう。

 

アウトドア系サンダル

medium_66780339

私はサンダルではこういうものを勧める。
この写真とは違うが私も実際履いている。

ビーチサンダルとは違い、底に厚みがあるため、
クッションが効き腰を痛めない。

ホーキンスやエドウィンやパタゴニアなどのメーカーが出している。

またアジアの都市部には日本の街と変わらないような
エリアがあるため、そんなとこをビーチサンダルで歩き回るのは
ちょっと紳士の心を欠きすぎる。

この手の靴(サンダル)は、靴下を履けばフォーマルっぽく
なるという利点がある。

滞在先でも、ビーチサンダルほどでもないが便利である。

とてもバランスの優れた履物と言えよう。

 

スポーツタイプスニーカー

medium_2477547766

スニーカーは旅において、一番強い味方だろう。

しかもコンバースのようなタイプでなく、
ランニングシューズなら、歩き回っても疲れの溜まり方が違う。

ただ滞在先ではやはりサンダルがないと不便。
ちょっと近所に買い物に行くときなど面倒くさい。

またトレッキングには向かない。
すぐに足を挫いてしまう。

 

medium_5942978992

 

このような軽く通気性に優れたスニーカーも
欧米人バックパッカーが履いているのをよく見かける。

バックパックに入れても場所を取らない。

機能性に優れ、バックパッカーの靴としては優良だと思う。

 

トレッキングシューズ

medium_2390286438

 

トレッキングを行うバックパッカーにとっては必須な靴。

実際、多くの欧米人バックパッカーはこの靴を履いている。
逆に日本人バックパッカーでこの靴を履く者は少ない。

山には強いが、しかし町中での散策となると邪魔であり、
靴が重いため疲れる。

そして何と言っても、アジアでは足が蒸れてしまう。

また持ち運ぶのにも邪魔である。

 

番外編:クロックス

medium_2034175703

「クロックスを履いている東洋人は日本人」と言われるほど、
アジアで日本人バックパッカーが履いている靴。

私自身も以前、アジア放浪を行った際は、
日本を出て帰国するまでクロックスで過ごした。

素朴なバックパッカーの旅なら、合理的な靴(サンダル?)だ。

ちなみに欧米人バックパッカーが履いている姿はほぼ見ない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール