丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

旅行して感じた”トルコ人は親日”が、まぁ嘘ではない理由

トルコと言えば、一体あなたは何を想像するだろうか。

僕の場合は、、なぜか「エガちゃん全裸事件@トルコ」。

エガちゃんと言えば全裸、全裸と言えばエガちゃん。

でもさすがに、イスラム国家であるトルコの人々には、
受け入られなかったようだ。(笑)

 

トルコといって他に想像することは、ケバブとモスク、
それと男は胸毛が濃くハゲており、
右と左の眉毛が一本で繋がっていたりといったところ。

おおよそ、こんな感じのことが想像されることだろう。
(えっ、僕だけ?)

そして結構マニアックなことだが、
「トルコ人は親日家!」
という噂が巷で話題になることがある。

要するに「トルコ人は日本が大好き」という噂。

 

今回は、実際にトルコを一人旅して、
トルコ人が親日家なのは、
本当なのか嘘なのかを確かめることにした。

 

 

そもそもなぜトルコ人は親日家と騒がれるのか

「火のないところに、煙は立たない」
という諺があるように、
噂が起こるには、何か必ず原因がある。

トルコ人が親日家と騒がれている大きな原因として、
日本とトルコとの間で起こった、ある歴史的事実がある。

それは明治23年に、和歌山県沖で起こった、
エルトゥールル号事件である。

ザックリと説明しよう。

 

オスマン・パシャ司令官率いるトルコ海軍の
大型木造船であるエルトゥールル号は、
当時、様々な理由があって、日本を訪れていた。

(※当時はトルコ=オスマン帝国、日本=大日本帝国)

そして日本での所用を済ませ、横浜から出港したあと、
和歌山県沖で座礁に乗り上げたことが原因で、
水蒸気爆発を起こし、沈没してしまった。

その結果、600名以上が海に投げ出され、
死亡者および行方不明者数587名、
生存者数は僅か69名の大惨事となった。

 

いや「69名も生存できた」といってもいいかもしれない。

なぜならその時、トルコ船が沈没したことを知った
和歌山県の沿岸部に住んでいた村の人々が、
必死に遭難者を救護したからである。

村人たちは、自分たちの持っているもの全てを使い、
言葉が通じないながらも、トルコ人遭難者を救護した。

僅かの蓄えである自分たちの食料や、
非常用のニワトリを遭難者に与えたという。

 

さらに翌日、その事態を知った明治天皇は、
政府に対し「可能な限りの援助を行うように!」
との命令を下した。

その結果、生存者は手厚い保護を受けることができ、
さらにはその惨事に対し、
多額の義損金や弔慰金が送られたという。

 

村人たちの献身的な介護と政府の援助があったおかげで、
死亡者数を増やさずに済んだというわけである。

 

このことはすぐさま、当時のトルコの人々たちの耳に入り、
たちまちトルコ人は親日家となったというわけである。

しかし現在のところ、
このエルトゥールル号遭難事件のことを知るトルコ人は、
人口の30%ほどだという。

 

 

日本の公的援助のおかげでトルコ人は親日的?

実際のところ、
日本が関わっているものに対するトルコ人の認知度は、
ボスポラス大橋(45%)とマルマライ計画(52%)の方が高い。

これらはボスポラス海峡の、
アジアとヨーロッパを繋いでいる橋と海底トンネルだが、
日本の経済援助と技術援助があって開通した。

現代のトルコ人にとっては、
これらの方がインパクトが強いのは自然なことだろう。

 

しかしながら僕自身、トルコ人の口から、
このことに関する話題は聞いたことがない。(苦笑)

もしくは、感謝の声を述べたいが、
彼らは恥ずかしがり屋の、むっつり親日家なのか?(笑)

 

 

実際にトルコを歩いてみて親日度チェック

今回はトルコの代表都市、イスタンブールの街を歩いてみた。

世界的な観光地区である”スルタンアフメト地区”
を歩いていると、
日本語で話しかけてくるトルコ人が結構いる。

しかしこのことは、世界の観光名所において、
別にそこまで珍しいことではない。

世界の観光名所では、何か物を買わせるために
日本語でしつこく話してくる輩が多い。

しかしトルコでは、何かが違った。

ただ「こんにちは」とだけ言って通りすぎたり、
何か施設の前で入ろうかどうか悩んでいると、
「ここは夕方5時までだよ」
と、ただ教えてくれたりするケースが多いと感じた。

僕は基本的に海外で現地人から日本語で話しかけられると、
反射的に「追っ払う」モードに入ってしまう。

だがここトルコでは、
その防御的神経が無駄に終わることが多かった。

 

 

親切なトルコ人に遭遇

夜のイスタンブール旧市街を歩いていると、
サッカーのユニホームを売る小さな出店があったので、
ちょっとだけ物色してみた。

すると通りすがりの、
一人のトルコ人に日本語で話しかけられた。

トルコ人:
「ガラタサライのユニホーム買わないの?」

僕:
「う~ん、そうだね。やっぱりいらない。」

このトルコ人、なんだかソフトな性質だったので、
その後、このトルコ人と少し会話を続けることとなった。

 

僕はその時、彼女へのお土産として、
トルコで有名な「アーモンドクリーム」を探していた。

そのことを彼に告げると、
なぜか彼は薬局やいろんな場所に案内してくれた。

しかし夜も更けていたので、
ほとんどの薬局は閉まっていたため、
結果として、手に入れることができなかった。

「なんと献身的な」
と思った僕は、
「なぜそんな、あなたにとって無益なことをするのか?」
と彼に尋ねた。

「ビジネスでたまに日本へ行くけど、
その時よく日本人に親切にしてもらうからね。」
と彼は答えた。

(↓なぜか彼は流暢な日本語で、私に手品を披露)

 

結局その後は、他の土産を買う必要があったため、
彼の知り合いが経営する土産物屋へ連れて行ってもらった。

身長が2m近くあるその店主のトルコ人も、
私が日本人であることを知って、歓迎ムードであった。

そしてトルコ土産で有名なお皿を手にし、
しつこくディスカウントを頼んだところ、
「う~ん、OK。でも日本人にこのお店の紹介頼むよ」
という返事とともに交渉が成立した。

sarashop

 

実際にトルコを訪れてみての僕の感想としては、
「トルコ人が親日家というのは、まんざら嘘ではない」
といった感じ。

ただトルコ人の性質は、割とマイルドなため、
日本人と相性が良いのではないかと、
個人的に思うのであった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール