丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

シンガポール人の英語の訛りは酷い?現地で調査してみた

東南アジアの中においてシンガポール人の英語力は高い、
という話はよく耳にすることだろう。

かつて「香港人は英語が得意」という話に裏切られた経緯があるので、
シンガポール人に関しても、英語力が高いという
その真意に少々疑いの目が生じてしまっていた。

そしてその後、実際に何度かシンガポールを訪れる機会に恵まれたため、
シンガポール人の英語力の実態に触れることになった。

 

なぜに、シンガポールを何度も訪れることになったかというと、
私の兄の彼女がシンガポール人だからである。

なのでシンガポールでは、彼女の友達や家族などと、
幅広い交流をこれまでに行って来た。

 

結論から先に言うと、シンガポール人の英語力はうわさ通りに高い。

シンガポールの街を散策するにあたっては、
英語さえあれば全く問題ない。

それもそのはず、
シンガポールでは英語が公用語として定められているからである。

 

 

シンガポール人の英語力はなぜ高いのか

ひとくちにシンガポール人といっても、
主に3つの民族たちが存在することを知っているだろうか。

一般的にシンガポ-ル人といえば、
華人と呼ばれる中華系シンガポール人を想像することが多いと思う。

それはシンガポールの人口の約8割が、
華人で占められているから仕方がないことである。

しかし実際には、少数ではあるが、マレー系シンガポール人、
インド系シンガポール人がいることを忘れてはならない。

ちなみに兄の彼女は、華人である。

 

本来その3民族は、それぞれの言語を持っている。

華人は中国語、マレー系民族はマレー語、
インド系民族はタミル語といった具合いに。

その3民族が1つの国の中で共存していくためには、
1つの共通の言語を持つ必要があった。

そこで、英語が公用語として定められたということである。

 

例えば、公的機関で使用する言語を英語に統一したり、
学校教育を英語で統一したりといった具合。

しかし興味深いのは、彼らの家では、
それぞれの民族の本来の言語を使って
コミュニケーションをとることが多いという事実。

それは同じシンガポール人でも、年配者に関しては、
英語よりも自分の民族の言語の方が得意だからである。

兄の彼女に関しても、親との会話は中国語を使う。

外では英語を使い、家では中国語を使う。

日本人にとっては、全く感覚の分からない世界である。(笑)

 

 

シンガポール人の英語力の高さのもうひとつの理由

シンガポール人の英語力が高い理由はもう一つある。

それは、シンガポールには外資系企業が多くあるということ。

外資系企業では、英語が社内語として使われるのだ。

すなわちシンガポール人は、
家以外では常に英語を使っていることになる。

 

今では若い世代の友人同士のコミュニケーションも
英語で行われている。

そのため若い世代の華人に関しては、中国語を話せるが、
中国語の読み書きは苦手という状況になっている。

実際にシンガポール人と、感じの書き比べを行ったところ、
「物凄く漢字が上手!」と褒められてしまった。(笑)

シンガポールの学校教育では、
各民族の言語クラスがあるため、一応その時に学習するのだが、
卒業してしまうと文字を読んだり書いたりする機会がないため、
中国語のリテラシーが徐々に衰退してしまうらしい。

 

 

シンガポール英語の発音

華人系シンガポール人の英語は、中華系の訛りが強いため、
よく”シングリッシュ”と揶揄されることがある。

だが実のところ私自身、シンガポール人と会話をしていて、
「訛りがキツくてお手上げ」と感じたことはない。

たしかに彼らはシンガポール人同士の砕けた会話では、
テンポよく話すことが多いため、聞き取れないことが多い。

しかし外国人に対しては、気を遣って、
シングリッシュを抑えて話をする傾向がある。

ただそれは若い世代に限っての話である。

 

私が初めてシングリッシュの洗礼を浴びたのは、
兄の彼女のお父さんと会話をしたときであった。

あまりの訛りの強さに、基本的な英語の単語さえ、
全く聴き取ることができなかった。

その英語の発音は「ポンッ ポンッ」とリズムよく跳ねる感じ。

私の言っていることは理解してくれるのに、
私がお父さんの会話を聞き取れないので、
兄の彼女が通訳に入らなければならなかった。(苦笑)

コメント

    • いい
    • 2016年 1月 23日

    えー、俺の英語力がショボすぎるだけなんかなー~_~;
    シンガポール人の英語はほとんど聞き取れないよ。中国混じりというか癖なのか早いのかもうよく分からない。俺はそんなに英語はうまくないけれど、ホテルのレセプションの英語を聞き取れなかったのは初めて。なんとか聞き取った少しの単語を頭の中で補完しまくって無理やり理解してる感じ。最近初めて訪れたけど、ここまで苦戦するとはと驚いた。
    同じシンガポール住みでもインド人のやヒジャブ着けてる人の英語の方が聞きやすかった。特にインド人のはすごく合う。

    香港は2回だけだからよく分からないけど、俺はあんまり気にならなかったなー。香港人同士は日常的には使ってないようで仲良くなるには広東語が必須っぽいのがありはすれど

    個人的にはイギリス人>アメリカ人>インド人(シンガポール内の)=ヨーロッパ系>フィリピン人>インド人>>>シンガポール人って印象。フィリピン人もインド人も癖はあるらしいけど深刻な問題にはならなかった。シンガポール人相手には相当慣れが必要に思った

      • cosmo725
      • 2016年 6月 02日

      当然ながら、相手によりけり。あくまでも個人の感想に過ぎない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール