丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

シンガポール人女性の性格は中国人女性と同じ?

今回は、シンガポール人女性の性格について考えてみた。

そもそもまずシンガポール人というのは、
東南アジアの中でも異質的存在。

中国大陸から南下するにつれ、人の肌色は濃くなっていくのだが、
シンガポールを訪れた途端、赤道直下にも関わらず、
日本人と肌の色が変わらない民族たちがそこには群がっている。

初めてシンガポールを訪れたとき、この事実には正直ビックリし、
チャンギ空港からダウンタウンに向かうMRTの中で、
不思議な感覚に陥ったのを覚えている。

 

シンガポールは、人口のおよそ8割を華人(中華系民族)が占める
華人国家として有名。

つまり、シンガポール人は中国人のDNAを持っているのだ。

そのため、中国人と同じ肌の色を持っているのは当然である。

しかし極東から遠く離れた地に、
極東人と同じ肌を持つ民族に不自然さを抱いてしまう。

 

 

シンガポール人女性の性格は中国人と同じ?

そんなシンガポール人の女性の性格は、
やはり中国人女性の性格とイコールと考えてよいのだろうか。

答えは否(いな)。

 

両者のDNAは同じかもしれないが、
シンガポールと中国では教育や生活環境が大きく異なる。

というか、資本主義と共産主義という正反対な政治体制。

人間の性格(性質)の形成というのは、
DNAが2割、環境が8割とも言われるほど、
環境がその人の人格形成に大きな影響を及ぼすのだ。

 

そして実際のところ、シンガポール人のほとんどは、
中国人を嫌っている。(苦笑)

 

 

シンガポール人女性はキャリア志向

シンガポールでは、日本と違って仕事上での男女の格差はない。

会社において管理職などハイポジションに就く
シンガポール人女性はゴロゴロいる。

実際のところ、シンガポール人女性の大学進学率は、
男性よりも高いという事実がある。

つまり独立心(自立心)が強いのが特徴。

そのためか、シンガポール人女性の性格として、
どこか気の強さは目立ってしまう。

 

僕の友達であるシンガポール人女性は、
「シンガポールの男は、ホーント頼りない!!」
と、食事の席で意気揚々と嘆いていたほど。(笑)

たしかにシンガポール人男性は、彼女が言うように、
覇気や誇りといった”逞しさ”を感じない。

おそらくフッ素の浴び過ぎで、
男性ホルモンが抑制されているかもしれない。(笑)

(※シンガポールの水道水には、フッ素が入っている)

なので、シンガポール人のカップルというのは、
男性が女性の尻に敷かれているのが一般的だ。

 

 

シンガポール人女性は家庭的な性格を持つ?

シンガポールの家庭では、メイドを雇うのが一般的である。

メイドはその家庭で、主に食事を作ったり洗濯や掃除をおこなう。

つまり、シンガポール人女性は家事をしつけていない。

なので、家庭的なシンガポール人女性を見つけるのは、
かなり難しいことだろう。

 

実際に僕のシンガポール人女性友達は、
食べることが好きだが、料理はほとんど作れない。

食事といえば、
シンガポール人女性は食べ過ぎで太ることが多い。

これは性格から来るものというか、
仕事や社会でのストレスから来るものと思われる。

 

そしてキレやすいというのも、
シンガポール人女性の性格のひとつ。

これはチャイニーズのDNAから来るものだと思う。

日本人女性にはないキレ方をする。

そのキレ方は、香港人女性と似たものを感じる。

 

 

ケチな性格?

シンガポール人の海外旅行好きは有名な話。

そもそもシンガポールは、
東京23区と同じくらいの国土しかないので、納得できる。

しかしシンガポール人女性の面白いところは、
ショッピング旅行をよくおこなうところ。

シンガポールは、概ね物価が高い。

そこで彼女たちは、バンコクなどに出かけて、
化粧品や洋服を爆買いしてくるのだ。

このケチな性格というのは、チャイニーズのDNAだろう。(笑)

 

 

かわいい性格?

シンガポールという国は、システマティックに拘っているため、
徹底的に左脳人間を育てる。

そのためシンガポールの環境において、右脳感性は育ちにくい。

「かわいい」という概念は、右脳的感情から生じる。

なので一般的に、シンガポール人女性に「かわいく振る舞う」
という概念はないためか、ほとんどがクールな女性ばかり。

さらに彼女たちはアジアの中において、香港同様、
欧米文化の価値観の影響をかなり受けている。

要するに、”男に媚びないで生活する”というマインドが強い。

なので、もし「かわいい性格」を求めるのならば、
日本人女性に落ち着いておくことが賢明だろう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール