丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

これってパスタ好きと言えるのか?

一番好きな食べ物は何?とよく訊かれることがある。

元来、食べ物に好き嫌いはなく、何でも食べる性質。
特に「これが好き」という食べ物もない。

だからこの手の質問には、毎度困ってしまう。

しかしひいきしているのは、麺類だろう。

中でもラーメンは美味しいと感じる。
なので好きな食べ物は「ラーメン」ということにしている。

しかしそのラーメンを凌ぎ、麺類の中では、
パスタの方が好きなのではないかとふと思ってしまった。

パスタはラーメンほどパンチ力がないため印象に掛ける。

だがラーメンを食べたときは、ガツンと印象を与えられる。

でもよく考えてみると、これまでの人生において、
パスタの消費量の方が多いことに気づいてしまった。

 

学生時代に異常なパスタ消費は始まった。
一人暮らしだったためか、家でほぼ毎日食べていた。

お店で食べることは滅多になかった。
家で食べると、遥かに経済的だったからだろう。

パスタの魅力は毎日食べても飽きない点だ。

ラーメンの場合は、毎日食べれない。

パスタは白ごはんと似たような感覚がある。

パスタはトッピングというか、味付けを変えるだけで、
違った食べ物として楽しめる。

白ごはんも、おかずを変化させるだけで、
毎日おいしく頂くことができるように。

ラーメンもバリエーションは豊富なのだが、
毎日となると遠慮してしまう。

なんか気持ち悪くなってくるのだ。

濃くパンチが効きすぎているためだろうか。
いや、あっさりラーメンでも毎日は食べれない。

なぜかよくわからない。

 

社会人になってからも、相変わらずパスタを食べていた。

一度パスタの本場イタリアへ旅行に行ったことがあった。

本場の生パスタは確かに美味しかった。

しかし家で食べるパスタと歴然と違うという訳ではなかった。

ラーメンの場合は、お店で食べるのと
家でインスタントを食べるのとでは歴然と差がある。

家で食べるパスタにはある程度のクオリティーがあるということだ。

そういう点でも、毎日食べることができるのだろう。

しかしだからと言って、お店のラーメンを毎日食べるのは辛い。

 

以前、ラーメン屋をやっている知り合いが、
しばらく店を閉めるからという理由で、
在庫の麺およびスープを私にくれたことがあった。

麺は30玉ほど、スープもデカい鍋ごと持ってきた。
本格ラーメンである。

なるべく早く食べなくてはならなかったので、
それから毎日ラーメンづけの日々となった。

最初はウハウハ気分で至福を感じながら食べていた。

しかし3日もすると飽きてきてしまい、
毎日が拷問と化してしまった。

頂いたスープだけでなく、様々なスープで食べたが、
辛さはあまり変わらなかった。

結局、人に手伝ってもらいながら完食というゴールに
たどり着いたが、「もう日々ラーメンは御免だ」という気分で、
もはやトラウマとなってしまった。

しかし毎日ラーメンは無理であることを悟るにいい機会であった。

 

こんなことがあって、
ラーメンよりもパスタが好きなのではないかと思ってしまうのだ。

しかし個人的に「好きな食べ物はパスタ」というのは何かしっくりこない。

それは「好きな食べ物は白ごはん」というのと一緒ではないか。

別に「白ごはんが好き」でも何の問題はない。

しかし大抵の場合訊きたいことは、そういうことではないと思う。

例えば、友人か誰かと外食するときやご飯を家で作るときなどに
好きなもの=何を食べるかという具合だと思う。

そこで「白ごはん」と答えても、何の進歩もない。

でも、パスタの場合はそれが成立してしまうという不思議さ。

パスタと白ごはんは似ていて、非なるものと言えてしまう。

したらば、「好きな食べ物はパスタ」と答えても問題なさそうである。

しかし個人的には、何か違う気がしてしまうのだ。

まぁどうでも良いことだが。(笑)

 

基本的に家でのパスタのソースは、インスタントを利用することが多い。

最近のインスタントソースのクオリティーはかなり高い。

中でも、絡めるだけのソースがお気に入りである。

かなり経済的であることが一つの理由。

レトルトパウチタイプの温めるだけの商品もあるが、
あれは安いのになると化学調味料っぽい後味が
口の中に残るので気に入らない。

さらに尿も変な香ばしい匂いになるのでなんか不気味なのだ。

高いレトルト商品になるとそんなことはなく、かつ、
お店で食べるのと変わらない位のクオリティーを持っており、
ほんとに美味しい。

だが値段が結構張ってしまうという嫌いがある。
まぁそれでもお店で食べるのに比べると破格なのだが。(苦笑)

個人的には常食に対しそこまでのクオリティーを求めてないので、
絡めるソースで十分なのである。

ハイクオリティーなものを毎回食べてしまうと、
贅沢舌になってしまうことも懸念の上でのチョイスだ。

 

色々述べてきたが、結局のところ何が言いたいかと言うと、
いつの間にかパスタ狂になっていたということだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール