丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

マルセイユの治安はヤバい?深夜まで街で遊んでみた

martian1

南フランスの中心都市マルセイユは、フランス最大の港町であり、移民系のフランス人が多く住むエキゾチックな都市でもある。

フランス国内でも、「他の都市とは一味違う異色の都市」として捉えられることが多い。

そんなマルセイユは、以前から”治安が悪い”都市として有名。

パリに住むフランス人の友人に「今度マルセイユに行く予定だ」と伝えたところ、「マルセイユに何しに行くのだ?まぁいずれにせよ、十分に気をつけて!」との返事をもらった。

 

そこで今回は僕自身実際にマルセイユを訪れて、夜に街で遊んでみたりしたので、その治安面はどうだったのかを語ることにする。

 

マルセイユの昼の治安面

マルセイユでは、昼にいろんなところを歩いた。

ビューポート界隈はもちろんのこと、ノートルダム寺院界隈、アラブ人街のノアイユ地区界隈やサンシャルル駅の南側のエリア、パニエ地区界隈、スタッドヴェロドロームから浜辺のあるラプラージュまで、などなど。

郊外に関しては、友人と車で通過したりした。
(※郊外は外国人旅行者には関係ない場所なので、割愛)

昼に関しては特段、個人的に治安面の悪さを感じることはなかった。

サンシャルル駅の界隈は「治安が悪い」との噂を耳にしていたので、先入観からちょっと気を張って歩いたが、昼に訪れた感じでは問題なかった。

ただ、サンシャルル駅界隈での”日本人の被害話”も直接耳にしている。

携帯電話(スマホ)をひったくられたり、「中国人は国へ帰れ!!」の言葉とともにアラブ系住民から突然殴られたりといった具合。
※被害者は、いずれも日本人女性。

 

マルセイユの夜の治安面

martian

マルセイユでは、ほとんど毎日、夜の街を散歩したり、ノアイユの東側の地区であるCour Julienへ遊びに行ったりしていた。

Cour Julienは、マルセイユっ子たちの夜の遊び場として人気の場所。

カフェバーが多く、また夜になると、多くのミュージックバーやクラブが営業を開始する。

僕は地元マルセイユの友人と、しばしCour Julien地区で夜を過ごした。

基本的にCour Julienの路上は、オシッコ臭い。日本で言う”飲屋街”なので、仕方がないかもしれない。(笑)

そして裏通りの建物の壁はグラフィックアートで満たされており、場所によってはストリートにバッドボーイらしき黒人がたむろしていたり、ニューヨークの治安が著しく悪かった時代を彷彿させた。

何もわからず、最初に一人で夜のCour Julienに訪れたのならば、かなりビビっていたに違いない。

ちなみに僕がCour Julienで夜に遊んでいたとき、一人もアジア人(アラブ系を除く)を見かけなかった。

そのためか若干目立った存在だったために、奇異の眼差しを受けることもしばしあった。(笑)

 

 

結果的に数日間に渡って、Cour Julienのいろんなミュージックバーやクラブを訪れ、深夜まで酒を飲んでは踊ったりした。

そして宿があるオペラ地区まで、暗く閑散としたストリートを一人で歩いて帰っていたが、危険な目に会うことはなかった。

ただ、Cour Julienではドラッグの売人が接触してくることがしばしあった。

 

深夜に不慣れなエリアを一人で1時間歩いてみた

velodrom

ある日、地元マルセイユの友人とスタッドヴェロドロームで、オリンピックマルセイユのサッカー観戦を行った。

試合が終わったのは夜の11時。

友人としばし話をした後に別れて、一人でメトロに乗って帰ろうとしたところ、混雑が激しかったため、オペラ地区にある宿まで歩いて帰ってみることにした。

約5kmの道のりをグーグルマップで確認しながら、人通りのない閑散とした街中をひたすら歩いた。

そして宿に到着したのは、深夜0:30。

その1時間の道のりで、治安の悪さを感じる場面は遭遇しなかった。

むしろサッカーの観戦前に、スタジアム近くの路上で興奮しているサポーターたちの群れの方がよほど危険を感じた。(笑)

 

マルセイユの治安のまとめ

マルセイユで生まれ育った友人が現地のバーでワインを飲みながら、マルセイユの治安について語ってくれた。

僕が「マルセイユの治安って一体どうなの?」と質問すると、彼は「やっぱりそれか・・」という表情を浮かべた。

彼曰く、彼自身30年以上マルセイユに住んできて、何かトラブルを抱えたのは10回ほどしかないとか。

しかも近年は以前と比べて、かなり治安は良くなってきているらしい。

でもニースに一度行った時は、たった1回の訪問でトラブルに遭ったし、パリでは4回の訪問で2回もトラブルに遭ったようだ。

「今ではマルセイユより、パリの方がよっぽど治安が悪い!」と彼は主張していた。

 

彼は男なので、女性の場合は意見が異なるかもしれないが、いろんな人の話を聞く限り、「たしかに犯罪は存在するので、最低限気を張っておく必要はある。しかし巷の噂ほど、今のマルセイユの治安は悪くない」というのが、彼ら彼女らの一致した意見であった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール