丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

マニラのゲストハウスは僕の期待を裏切ってくれた

ゲストハウスをメインに取り扱っているサイトで、
マニラのゲストハウスのリサーチを行った。

フィリピンへ訪問は今回が初めて。
フィリピンと言えば、東南アジアでも貧しいイメージを持っていた。

そのためゲストハウスのドミトリー宿泊費は、
かなり安そうであると期待していた。
しかしリサーチの結果、その期待は裏切られた。

評価の悪い最安値ゲストハウスでも500ペソほど。
日本円にして1000円ちょっと。

安いと言えば安いのだが、
アジアには数百円で泊まれるゲストハウスが
転がっているので、高いと感じてしまった。

しかしサイトに掲載されているゲストハウスが、
全てではないだろうという予測もついた。

恐らくブッキングサイトで取り扱うゲストハウスは、
最低限の設備を備えた所のみ。

マニラにも恐らくチャイナタウンあたりに行けば、
数百円のゲストハウスが見つかるんではないだろうか。
ただそういう場所は、wifiやエアコンがなかったりが考えられる。

そういった意味では最安クラスが、
1000円ちょっとという値段は妥当なところであろう。

 

そんな中、今回選んだゲストハウスは、
「our melting pot」というマカティにあるゲストハウス。

評価もある程度よく、宿泊費は1泊600ペソ。
日本円にして1800円ほど。

パン、シリアル、カップ麺、バナナという朝食付き。
またミネラルウォーター、ミルク、オレンジジュース飲み放題。

スタッフはフレンドリーであり、wifi良好。
ベッドはカーテンで仕切られているため、
自分の空間を確保できる。

シャワールームおよびトイレも4つずつ用意されていたため、
順番待ちをする必要はなかった。

私が特に気に入った点は、建物の屋上に自由に行けること。
屋上からマカティ・アベニューを観察するのを楽しめる。

これなら質の悪い2000円ほどの、
安ホテルのシングルに泊まるよりも割が良いと感じた。

場所も先進的なマカティエリアなので。

 

 

マニラ訪問時には”ニノイ・アキノ国際空港”を利用するのが
一般的だと思うが、マニラ便と称する国際空港が
実はもう一つ存在する。

マニラから北へ70km、アンヘレスという都市にある、
クラーク国際空港である。

小さな町であるが、アメリカ軍駐留により
経済が潤ったという歴史を持つ、
フィリピンの中でも他に類を見ない町である。

 

ここではそのアンヘレスのゲストハウス事情も述べておく。

まずアンヘレスにはゲストハウスはほぼ存在しない。
リサーチした結果、あることはあるのだが、
競争がないためか値段の割に質が悪すぎるイメージ。

ゲストハウスより手頃なホテルが存在するため、
ホテルを選ぶ方が賢明とみた。

私が選んだのは”Hotel saleh”というオランダ人経営のホテル。
シングル素泊まり1泊800ペソ。wifiあり。

バスおよびトイレは共同になるが清潔に保たれている。
深夜入り口には警備員常駐なのでセキュリティ良し。

このホテルの売りは何と言ってもロケーションの良さ。

アンヘレスはナイトクラブの町と言っても過言ではない。
そのナイトクラブエリアへも徒歩5分ほど。

かと言ってホテルは表通りより1本裏手にあるため、
夜の周辺は静かである。

 

また北側にsmショッピングモールとジプニーターミナルが
あるためとても便利。

私は午前中にフライトを控えていたため、
ジプニーターミナルが近い立地はかなりのメリットであった。

ちなみにトライシクルでクラーク空港へ行くことはできない。
ホテルスタッフの話では空港までタクシーで400ペソ
ということであった。

スタッフとは別でホテルオーナーのクラークに訊くと、
「ジプニーで30ペソで行けるが難しいかも」という答え。

確かにクラーク空港到着時はアンヘレスのダウバスターミナル
まで50ペソで行けたから、30ペソは妥当なところだ。

 

出発当日は30ペソらしきジプニーを見つけ乗り込もうとしたが、
運転手のオヤジに「これは出発ターミナルまで行かない」
みたいなことを言われジプニー1台貸し切りを提案された。

「そんなことはないだろう」と思ったが、この日は寝坊したおかげで、
出発時刻2時間前を切っており焦っていたので、
250ペソでジプニーを貸し切りクラーク空港へと向かった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール