丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

地獄バスというネパール恐怖の交通事情

タメル地区から歩くこと30分、ニューバスターミナルに到着。
時刻はすでに18時過ぎなので辺りは暗い。
バスターミナルと言っても、そこはただの空き地で、
本当にここなのかと不安になる。

hellbus

人を捕まえて聞き込みしたところ、間違いないらしい。
少々早く到着したためか、バスの姿は見当たらない。

20分ほど近くの商店を散策し、空地へ戻ってきたところ、
1台のバスが停まっていた。

バスのドライバーに行先を尋ねたところ、
私が探していたインド国境行きのバスであった。

 

チケットはカトマンズで有名なアティティツアーで事前購入済み。
この旅行代理店のエージェントであるアティティ氏は日本語堪能。
そのためタメルを訪れる日本人がよく利用するエージェンシーだ。

 

インドとネパール間の陸路越えは、スノウリゲートが一番メジャー。
インド側の発着地はバナラシになるため、利用客が多い。

スノウリゲートの情報は多く、また悪しき噂はほとんど聞かない。
私もインドからネパールに入るとき通過したが、
特段何も変な事態には遭遇しなかった。
<記事:スノウリ国境越え

 

今回も安全なスノウリを利用しようかとも考えたが、
行先がブッダガヤというインド東エリアであったため、
バナラシルートは遠回りになるので諦めた。

というか、同じルートを歩むのは面白くない。
情報のないマーナールートを通過するという冒険心が、
私をビールガンジゲートへ向かわせた。

未知の世界へ向かう、ワクワク感ドキドキ感が堪らない。
安定よりも冒険を好む、全く親泣かせの性質だ。(苦笑)

 

 

19時になり、ビールガンジへ向けてバスが出発。
カトマンズから国境の町ビールガンジまでは、およそ10時間。
翌日の朝日が出る頃に到着予定だ。

しかもラッキーなことに乗客は3人しかいない。
横になって寝れるとは、なんとツイているんだろう。

 

しかしそうは問屋が卸さなかった。

出発から10分後バスが停まると、ゾロゾロとネパール人が
乗って来るではないか。
おかしいとは思っていた。

まぁ途上国では空席がある状態で、バスが運行することはない。
ドライバーの収入は先進国のように固定給ではなく、
歩合給であると聞いたことがある。

そのため絶対に赤字運行しない。

空席がある場合は町をグルグル回り、
人を集めてから目的地に向かう場合もある。

客としては到着が遅れるので、堪ったもんじゃないが。

 

しかし、これでもかというほど人乗って来る。
通常なら屋根の上に乗る人たちも、夜行で寝る必要があるためか、
皆がバス内に入り込み、すし詰め状態。

しかも私の席はダブルブッキングになっていたため、
2人用の席を大人3人で座る羽目に。
というかまともに座れない。

通路は人で埋め尽くされているので、閉塞感がハンパない。
飛行機のエコノミー症候群なんて可愛いものだ。

この状態で10時間。。。。。。
まさに天国から地獄へ落とされた。

 

さらに地獄は続いた。

バスはネパール恒例の、断崖絶壁ロードに差し掛かる。
<関連記事:ネパール恐怖のバス移動

夜なので無茶な運転はないだろうと思っていたが、
真っ暗な山道の中、クラクションを鳴らしまくり、
昼間同様、追い越し追い越せの暴走バスと化してしまった。

この時ほど”黄泉の世界”を近く感じたことはなかった。
身動きが取れない中、冷や汗をかきつつ念仏を唱えていた。(笑)

しかしながらネパール人たちは、皆安らかに寝ている。
とんだ強心臓の持ち主たちだ。

 

しかしこのバス、一応ツーリストバスとしてチケットを購入したのだが、
私以外、みんなネパール人とはどいうことだろう。

それほどインドネパール間のビールガンジルートはマイナーなのか。
なんか不吉な予感が漂ってきた。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール