丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

超高級スパで風変わりな瞑想セラピー@クアラルンプール

クアラルンプールでは、すでにマッサージを
”ジョジョバスパ”という高級スパで体験したが、
別にもう1件マッサージサロンへ行ってみることにした。

そこで選ばれたところは、”ビレッジ・スパ”という施設。

ビレッジ・スパはリッツカールトンホテルに隣接する建物、
リッツカールトンレジデンス内にある高級スパである。

リッツカールトンホテルの専用スパであるが、
もちろん宿泊客以外の人でも利用できる。

 

↓リッツカールトンレジデンス正面入り口↓リッツ1

とりあえず一度、足を運んでみる事にした。

ブキッビンタン中心から東方面に歩を進めると、
ウェスティンホテルやマリオットホテルといった、
超高級ホテルが建ち並ぶエリアに辿り着く。

その一角にリッツカールトンは存在している。

リッツカールトンホテルのエントランスから
中へ入った時は、なぜか緊張してしまった。

”高級”な雰囲気に慣れていないからだろう。

ホテルのエレベーターで4階に上がるのだが、
その過程にある調度品や雰囲気の全てが
高級感で満たされていた。

さすがリッツ、いずれ利用したいと思わされてしまった。

↓リッツのリッチなエレベーターホール↓リッツ改

4階でホテル側からレジデンス側へ移動できるような構造。
レジデンス側にはジムなど他の施設もあるようだ。

高級ホテルお約束のプールを横切り、スパビレッジに到着。

ロビーはジョジョバスパと違って、かなりシックである。
高級感はスパビレッジに軍配が上がった。

レセプションでマッサージを受けたい旨を告げ、
高級感のあるメニュー表を見せてもらった。

マッサージメニューは、バリ式、タイ式、ロミロミ、推拿など
様々な手法があり、迷ってしまう。

しかしマッサージとは別に、一つ気になるメニューがあった。

それは”センサリー・エキスプロレーション”というもの。
五感を通して癒しに導くという、かなり興味深いセラピー。

マッサージを諦め、エキスプロレーションを受けることにした。

センサリー・エキスプロレーションは予約制であったため、
別日で予約し、一旦スパビレッジを後にした。

なお、スパビレッジでは日本語は通じないため、
コミュニケーション全て英語である。

 

 

そして後日再び、スパビレッジに訪れた。
2度目の訪問となると、高級感に圧倒されることはなかった。
慣れとは恐ろしい。

腰の低い男性スタッフに専用のロッカールームに案内され、
容易された身体を締め付けない緩い服に着替えた。

↓豪華な専用ロッカールーム↓
spa1改

 

着替え後、案内役の男性スタッフに瞑想ルームへ連れて行かれた。

瞑想ルームは広く、最大6人同時にセラピー可能。
今回は、私と兄の2人だけの貸切であった。

そしてセラピーのティーチャーがやってきたが、
よく見るとなんと、先ほどの腰の低い男性スタッフであった。

しかし、案内する時とはオーラが違う。
ティーチャーの風格を醸し出していた。

 

ベースの効いたメディテーションミュージックが流れ、
セッションがスタートした。

かなり一級の音響設備だったため、音が心に響く。

そして室内の色が音に合わせて変化する。

聴覚と視覚を使ったセラピーということだ。

前に座ったティーチャーの指示に従い、
呼吸を整え、瞑想を行う。

 

次に、目の前にセットされている
ハーブを使ったセラピーに入った。

何の種類のハーブか分からなかったが、
それぞれ酸味、苦味、甘味、塩味のハーブであった。

それを瞑想状態のなか、一つ一つ深く味わうというもの。

しかし途中、進行状態がわからなくなり、
ティーチャーを薄目で見たりしていたため、
瞑想状態を保つのが難しかった。

 

それでおおよそ30分経過。
残りの30分はヘッドとフットのマッサージの時間。

女性のセラピストが一人ずつ着いて、
瞑想音楽の中、ゆっ~く~りとマッサージしてくれる。

触覚を使ったセラピーということだ。

 

そして1時間のセラピーが終了したところで、
ティーチャーはいつもの低姿勢に戻った。(笑)

俗世間から切り離された世界に行ってしまっていたためか、
マレーシアにいることを完全に忘れていた。

なのでスパビレッジから外に出た時は、
海外にいることにびっくりしてしまったほどだ。

それだけセラピー効果があったということであろう。

風変わりなセラピーはやはり興味深い。
今回は貴重な体験をさせてもらった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール