丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

高雄のハイレベルな足裏マッサージ屋での叫び@台湾

taiwan-massage

台湾において台北に続く2番目の大都市である「高雄市」で、
足裏マッサージを受けることになった。

台湾の足裏マッサージというのは、もはや世界的ブランド。

そのブランド力は、タイ式マッサージにも劣らない。

セラピストであり、整体マッサージ、オイルマッサージ、
リフレクソロジーの施術スキルを持つ私としては、
その台湾式足裏マッサージを体験せずにはいられなかった。

・・というか、高雄に来てからというもの、
連日歩きまくっており、足が悲鳴を上げていたため、
駆け込み寺に駆け込むかのごとく、
マッサージ店に飛び込んだというのが本音である。

 

マッサージサロン選びは、高雄に住む台湾人友達の
スーシャにお願いした。

スーシャは、高雄のSPAやマッサージサロンに
よく通っているとのことであったため、
間違いないサロンを選んでくれると確信していた。

そこで選ばれたのが、「左脚右脚泡脚会館」という、
高雄ではかなり有名なマッサージサロン。

場所は、MRT中央公園駅から南東方向徒歩5分ほど。
”新田路”という通りに面しているため見つけやすい。

この左脚右脚泡脚会館は、ガイドブックにも載っているためか、
外国人観光客もかなり訪れるとのことであった。

DSCN3239

スーシャに
「よくこのマッサージサロンは利用しているの?」
と訊いたところ、
「いや、これが初めて」
との返答。

スーシャが実際にマッサージを受けて、良かったサロンを
紹介してくれているものだと思い込んでいたため、
その返答に思わずズッコケてしまった。

さすが楽天家の台湾人。

まぁそれはそれで別に構わないが。。

 

 

やはり足裏マッサージ

連日、高雄の街を歩きすぎて、足の疲労はおろか、
腰までもが悲鳴を上げていた。

そこで全身マッサージをお願いしようとしたが、
直前に海鮮ランチビュッフェをたらふく食べたおかげで、
お腹がパンパンに張っていたため諦めた。

そこで今回は、台湾王道の足裏マッサージのみを選択。

時間は1時間、値段は1000元。
なおサービス料込なので、施術師へのチップは必要ない。

値段は他の巷にある足裏マッサージ店に比べ高く感じるが、
店内は清潔で高級感があるサロンといった感じなので、
値段相当といったところだ。

 

施術開始のホイッスル

まず初めに案内されたのが、フットバス。

高級感のあるソファに座って、
ジャグジー式の足浴を5分ほど堪能できる。

「あ~、あ~」とオヤジ声が、思わず口から漏れた。(苦笑)

足浴中にも、肩周辺を軽くマッサージしてくれる。

個人的には、これだけでも十分癒されてしまった。

 

そして次に足裏マッサージ専用のチェアに移動。

こちらもかなり高級感のあるチェア。

テレビも各チェアに備え付けられている。

また、おいしい台湾茶も差し出される。

 

担当したマッサージは、力強そうな男。

そしていよいよ、足裏マッサージが始まった。

「ゥゥ、ウオーッ!!!」

あまりの痛さに、声を上げてしまった。

普段私は、強いマッサージでも大丈夫なのだが、
この時ばかりは、足が120%疲労して壊れかけていたので、
少しの刺激でも反応してしまう始末。

しかしマッサージ師の腕は確かであったため、
時間の経過とともに痛気持ち良さに変っていった。

 

私を担当したマッサージ師は、この道10年以上ということで、
スタッフからは「先輩」と慕わられているほどのスキルの持ち主。

確かに、これまで海外で受けてきた足裏マッサージの中でも、
トップレベルであった。

 

また、台湾のマッサージの叩打法は独特である。

叩打法とは、叩いてマッサージするテクニックであるが、
太鼓を叩くようなリズムで行うから愉快になる。

 

結果的に足裏マッサージ後は、驚くほど脚が軽くなった。

 

 

マッサージ終了後のサービス

足裏マッサージを終えた後は、
奥にある小さなカフェスペースへ案内され、
そしてなんと、ヘルシーな軽食が出された。

DSCN3240

このサービスは完全に予想していなかった。

こんなことが分かっていれば、
ランチビュッフェを食べた後に来なかっただろうに。。

そんなこんなで、適度に食事し、
高雄でオススメのマッサージサロンを後にした。

 

今回は私を担当したマッサージ師がベテランであったため、
特別に満足したかもしれないが、
本格的台湾足裏マッサージを受けることができる
優良店であることは間違いないだろう。

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール