丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

現地台湾人ゴリ押し、高雄B級グルメ旅レポート

中国人や中華人というのは、こぞってグルメであり、
これはただの机上の空論ではない。

過去実際に、中国やシンガポールや
香港の友人たちを訪ねたとき、
私は彼らに食事で激しくもてなしを受けた。

それはもう毎日、ぶっ倒れるぐらいに食べさせられる。

中華圏の人々というのは、
グルメであることに誇りを持っているのだ。

 

そのことを知っていたため、今回の台湾高雄においても、
現地高雄の台湾人と落ち合うことになっていたため、
”グルメもてなし”は避けられないと覚悟していた。

そしてその予想は、見事に的中したというわけだ。

様々な、グルメな場所に連れて行ってもらっては、
こちらが「好吃」(中国語で”おいしい”の意味)と言って、
満腹な様子を見せると、台湾人はニンマリ顔となる。

食事に関わらない観光名所などにも
連れて行ってもらったわけだが、
台湾人はやはりグルメと関わっているときの
テンションが一番上がるように思えた。

 

しかしやはり、現地の友人を持っていると、
間違った食事選びをすることないので助かる。

連れて行ってもらった食事処は、
全て当たりであった。

そこで以下に、実際に台湾高雄人に
連れて行ってもらったグルメ処の一部をを紹介する。

 

港園牛肉麺館

DSCN3220

 

この牛肉麺屋は、地元でもかなり人気だとか。

以前は、1階席のみの小さな店舗だったらしいが、
儲けたおかげで2階席を増築したとのこと。

メニューは麺をベースに、
トッピングを選べるスタイル。

そして汁ありor汁なしを選ぶ。

私は、豚足トッピングの汁なし麺をチョイス。

20150506_191750

 

初めて、汁なし麺を食べたわけだが、
これがコッテリ味であったため、かなり気に入ってしまった。

豚足もやわらかく、味付けがグッド。

なお汁ありの場合は、
沖縄のソーキそばに似て、あっさり味となる。

20150506_191745

写真に映っている、左上は汁なし牛肉麺、
右上は汁あり牛肉麺。

この店の麺は自家製麺でかなりコシがあるため、
グルメな高雄人の心をつかんでいるのだろう。

 

学生で賑わうホットサンドのお店

DSCN3226

この「碳烤三民治」というサンドイッチ屋さん、
かなりの歴史がある食事処。

大学の近くにあるため、お腹を空かせた学生たちの
グルメスポットとなっているらしい。

DSCN3225

 

どうやらホットサンド専門の店のようだ。

豆乳も取り扱っているため、
ホットサンドをほう張りながら、豆乳を飲むのが粋。

マクドナルドなどの、近代西洋系ファストフードに比べて、
かなりヘルシーなファストフードである。

夜食として、悪くないだろう。

味は普通に美味しかった。

 

清涼茶のスタンド

DSCN3231

台湾南部に位置する高雄は、熱帯性気候であるため、
街歩きに水分補給は欠かせない。

そのため多くの飲み物屋が軒を構えている。

高雄観光では必ず訪れるであろう”六合夜市”エリアに
店を構えるのが、「濃厚舗青草茶」。

お茶の専門店であり、種類が豊富。

ストレートの健康茶のほかに、
ミルクティーなどもあるようだ。

DSCN3230

台湾人の友人いわく、ここの店のお茶は暑いとき飲むと、
スーッと身体が冷えるとのこと。

早速、飲んでみたところ、日本のお茶では感じることのない
強い清涼感を味わった。

健康的であり、台湾のお茶の感覚にハマってしまった。

DSCN3229

 

朝食にワンタンスープ

高鉄左営駅西側に大きな湖があり、
そこに「左営蓮池潭」という道教寺院をメインとした
観光エリアがある。

その観光エリア周辺には、
幾つかのローカル商店街が存在する。

その一角にワンタンスープで有名な食事処がある。

wantan1

wantan2

あまりにもローカル色が強かったため、
お店の名前はチェックできなかった。

しかし店内は午前中から、
高雄のグルメ家たちによって賑わいを見せていた。

20150507_101308

 

スープはあっさりなのだが、コクがある。

質の高いワンタンが、中にゴロゴロ入っている。

軽めの朝食と言いながら、お腹いっぱいになってしまった。

 

高級海鮮ビュッフェ

高雄といえば港町なだけに、
海鮮グルメの街と言っても過言ではない。

そのため高雄市内を歩いていると、
海鮮レストランのお店をよく目にする。

今回は、台湾人の友人が海鮮ビュッフェを
ご馳走するということであったので、
かなり心待ちにしていた。

そこで連れて行ってもらったのは、
阪神百貨店5階にある高級海鮮レストラン。

まずそのレストランのかなり規模のデカさに、
驚いてしまった。

またビュッフェ式なのだが、種類の多さが半端ない。

海鮮料理以外にも、肉料理、フルーツ、台湾料理、
ハーゲンダッツアイスなどのデザート、、、、

全ての種類を制覇しようと思ったら、
5,6回は通わなければならないだろう。

しかも味や素材は、全て一級品。

我々は予約を入れていたので待ち時間はなかったが、
外にはかなりの人が列をなしていた。

もうしばらくは海鮮料理はいらないと思うほど、
思う存分、カニ、ホタテ、アワビ、ムール貝などを堪能した。

20150507_130007

 

 

台湾伝統の肉まん屋

1432183512505

朝から高雄人でごった返す「興隆居」という肉まん店。

肉まんの中は肉汁で満たされており、
コンビニの肉まんとはレベルが違う。

肉まん以外にも、”包”はある。

また豆乳もスープやドリンクなど、
バリエーションが豊富なので、
たとえ毎朝通っても、飽きることはないだろう。

20150508_095003

20150508_100017

 

 

潮州名物”餛飩麺”の有名店

DSC00234

旗津にある、餛飩麺(コントンミエン)の食事処。

旗津フェリーの乗り場から、徒歩1分の場所にある有名店。

昼過ぎに訪れたためか、すでに餛飩麺は完売していた。

代わりに別の麺をオーダーしたが、
これはこれで美味であった。

付け合わせに「カラスミ」も食した。

1432183524665

 

イカ焼き

高雄では、多くのイカ焼きの屋台を見かける。

日本では祭りの時に、1本600円ほどで売られているが、
高雄では1本200円ほど。

新鮮なので、美味しい。

20150508_182841

 

焼肉飯

いわゆる日本の豚の生姜焼きを、ご飯の上にのっけたもの。

付け合わせに、味噌汁(少し甘い)がついてくるので、
なんか癒されてしまった。

写真にあるのは、煮卵とあげもの。

シンプルだけど、おいしい。

1432183531405

 

台湾では、過去に日本が持ち込んだ弁当文化が、
今でも庶民の間で受け入れられている。

この食事処でも、焼肉飯を弁当として買っていく
高雄人の姿でごった返していた。

 

やわらかい鶏肉のローストが味わえる台湾の有名店

DSCN3264

DSCN3263

台南から山手に行った温泉街の近くにある、
「土鶏城」という台湾では超有名店。

台湾人のグルメ家で、
この店を知らないならモグリというほど。

台湾の要人や俳優などもよく訪れるらしい。

↓壁には著名人の写真が飾られている
toriniku

toriniku2

この食事処のメインは何といっても、
独自の窯で炙り焼きにした地鶏の丸焼きである。

鶏肉は、やわらかくジューシーそのもの。

DSCN3260

丸々一匹の地鶏が出されるわけだが、
この解体パフォーマンスは、見ていて興味深かった。

 

 

地鶏以外の食べ物も、全てが美味しく頂けた。

個人的に、台湾のチャーハンというのは特にお気に入りである。

1432183544519

20151021_115921 20151021_115935

 

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール