丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

カテゴリー:海外旅行記

香港人の性格は意外にも几帳面という事実

現在、香港は一国二制度という体制のもと、中国に属している。 しかしなぜか中国とは全く異なる国であり、 ”香港という1つの独立した国”という感覚を持ってしまう。 まさに華人国家であるシンガポールのように。 香港人のオリジナ…

詳細を見る

きれいでおすすめな香港の格安ゲストハウス宿泊レポ

アジアにおいて、香港のホテル宿泊費は一番高いと感じる。 その宿泊費の高さはアジアは愚か、 世界でもトップ3には入るのではないだろうか。 香港では、中途半端なシングルルームに宿泊しても、 部屋が値段の割に異常に狭く、納得いかな…

詳細を見る

香港人はみんな英語が得意の大ウソ

私の勝手なイメージとして、シンガポール、フィリピン、 香港というのはアジア圏において英語の得意な国であった。 実際これらの国の人間と触れ合って、 実際の各国の英語レベルが把握できた。 シンガポールは英語の流通度がやはり高い。…

詳細を見る

ついに憧れの香港女性にドキドキ最接近

特段、香港映画に詳しい訳ではないが、 以前、香港映画は好んで観ていた。 中でも”インファナル・アフェア”にはハマってしまい、 10回ほど観た記憶が。。 香港映画のどういったところが好きかというと、 広東語のイントネーション…

詳細を見る

香港(&中国本土)の短期旅行者向けプリペイドsimカード

香港空港に夜到着し、 プリペイドsimカードを扱っている店舗を探したところ、 人々がスマホ片手に列を成しているお店を見つけた。 ”toto”というお店であったため、 一瞬、サッカーくじ売り場かと思ってしまった。(笑) しか…

詳細を見る

ホーチミンのホテルで英語での怒り爆発@ベトナム

バスでプノンペンを出発し、およそ7時間、 国境で40分ぐらいの足止めは食らったものの、 ようやくホーチミンのデタム地区に到着した。 夜9時だというのに、ブイビエン・デタム地区は賑わっている。 カンボジアから来たためか、ホーチミン…

詳細を見る

シェムリアップのホテルで海外初の出張マッサージ

カンボジア屈指の観光都市、シェムリアップ。 この地で初めてホテルの出張マッサージを利用してみた。 海外は愚か、日本でも無い経験である。 ↑パークレーンホテルのロビー↑ 宿泊先のパークレーンホテルにおいて、 60分500…

詳細を見る

なぜかひと味違うカンボジアの子供たち

なぜかカンボジアの子供たちは、 他の国の子供たちにないものを持っている。 何かというと、”異常な人懐っこさ”である。 カンボジアには、日本でよく親が子供に言う、 「知らない人と喋ってはいけません。着いて行ってはいけません」 …

詳細を見る

銃が見え隠れするカンボジアの治安

「カンボジアで、邦人が帰宅途中に銃で撃たれた」 というニュースをネットで見た記憶がある。 なので、カンボジアの治安は悪そうだと思っていた。 たしか強盗だったと思うが、一般市民が銃を持っている時点で、 治安がよろしいとは言えないだ…

詳細を見る

カンボジアのローカル美容院の驚くべき物価

カンボジアの物価を測るため、いくつかのローカル店に訪れてみた。 プノンペンの国立博物館近くには、 夜になると多数のローカル屋台食堂が営業を開始する。 この周辺はツーリストエリアとなっているためか、 屋台を覗くと英語が併記され…

詳細を見る

プロフィール

プロフィール

【ネオジャパニーズ道場・顧問】

戸茂 潤

プロフィール