丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

カテゴリー:海外旅行記

熊本地震の義援金寄付額だけで計れない台湾人の親日感

2016年4月14日午後9時30分頃、 マグニチュード6.5、震度7の大地震が、 熊本を襲った。 僕たち被災者はパニックに陥ったが、 一夜明けた翌日には気を取り直し、 「地震の凄まじさを知る必然的な機会だった。」 と日本人…

詳細を見る

「スリランカの治安は悪い」と勝手に思い込んでいた過ち

インド洋に浮かぶスリランカという島国。 その国の面積は、日本の北海道よりも小さい。 第2次大戦まではイギリスの植民地であったが、 戦後1948年には、インドと同じく、 イギリス連邦内の自治領として独立。 そう、スリラン…

詳細を見る

旅行して感じた”トルコ人は親日”が、まぁ嘘ではない理由

トルコと言えば、一体あなたは何を想像するだろうか。 僕の場合は、、なぜか「エガちゃん全裸事件@トルコ」。 エガちゃんと言えば全裸、全裸と言えばエガちゃん。 でもさすがに、イスラム国家であるトルコの人々には、 受け入られな…

詳細を見る

意外にラオス一人旅が女性や年配者に向いている理由とは

”ラオス”と聞いて、日本人である僕たちは、 何をイメージできるだろうか。 自慢ではないが、 僕は実際にラオスの一人旅を行う前までは、 ほとんど何もイメージできなかった。 もちろん山間部の国なので、 「自然や緑が多いところ…

詳細を見る

なぜスリランカ一人旅は女性にもおススメできるのか

実際にスリランカを一人旅をして、あることに気づいた。 それは、インドとはかなり性質の異なる国だということ。 しかし実際のところ、 インドの放浪一人旅を過去に経験していた僕は、 スリランカへの一人旅をするに…

詳細を見る

インド人はネイティブなみの英語を話せる?気になる発音と訛り

アジア圏において、シンガポール人、インド人、フィリピン人、 香港人というのは「英語が話せる民族だ」と、 巷では昔からよく言われていることだと思う。 なぜならばこれらの国というのは、以前、 英語ネイティブの国に植民地化されていたた…

詳細を見る

【広州グルメ旅】広東人おすすめB級広東料理を堪能

中国の華南地区へはこれまで、深圳だけには訪れたことがある。 しかし深圳は中国政府によって、 意図的に作られた人工都市であるため、 そこに歴史を感じるような匂いは感じなかった。 そういう意味で言うと、今回、広州を訪れるに当たっ…

詳細を見る

【中国広州ゲストハウス】共産ババァと揉めて中に入れず

これまで何度も中国を訪れてきたが、 その時は全てホテルを利用してきた。 そして今回の広東省の旅では、 中国で初めてゲストハウスを利用することにした。 しかしまず初めに言っておきたいのは、 中国ではゲスト…

詳細を見る

【動画】マカオの女の後ろに跨りベネチアンやタイパを観光

気づいたら、マカオの女の後ろに跨っていた。 いや、この表現は誤解を招きそうだ。 「マカオの女の運転するバイクの座席後部に跨っていた」 といった方が正確である。(笑) しかし実際のところ、スクーターの2人乗りというのは、 …

詳細を見る

怪しげなマカオの女とアバンチュール?@マカオ一人旅

今回、香港と広東省一人旅のついでに、 マカオにも訪れることになった。 午前9時に香港を出発したフェリーは1時間後、 マカオの外港フェリーターミナルに到着した。 台風が近づいていたものの、マカオの天気は快晴…

詳細を見る

プロフィール

プロフィール

自由にこだわる一匹狼

戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール