丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

カテゴリー:インド

【閲覧注意】生死を彷徨う腹痛との格闘@インド病気編

このハリドワールという聖地、 ヒンズー教にとっては特別な場所かもしれないが、 外国人として滞在する価値を感じない。 半日の滞在を経て、朝イチでデリーへのバスに乗ろうと決めた。 そして出発日の朝起きると、、、体がダルい。 …

詳細を見る

ガンジス川の町で感じるインドの職人技@ハリドワール

インドのヨガの聖地リシケシュを後にし、デリーへ向かう途中の町 ハリドワールに立ち寄ることにした。 リシケシュからオートリキシャでおよそ1時間、100円で辿り着いた。 リシケシュでは到着早々オートリキシャに騙された経緯があるので…

詳細を見る

悲劇のインド式ヘッドマッサージ@リシケシュ

この日はマッサージか何かのセラピーを受けようと思い、 リシケシュの町を散策。 すると、アーユルヴェーダの看板を発見したため中へ突入。 アーユルヴェーダと言えばインドとスリランカの伝統的セラピー。 中国でいうところの漢方医…

詳細を見る

変なサドゥーと聖地でのハタヨガ体験@リシケシュ

宿泊先のアシュラムで行われているハタヨガレッスンに参加。 ここでは宿泊者だけでなく、外部の人もレッスンを受けることができる。 恐る恐る道場へ向かうと、穏やかな面持ちの若い先生が迎えてくれた。 いつも中庭に静かに座っている年老いたヨ…

詳細を見る

クレイジーなインド人魔物とアシュラム@リシケシュ

宿泊する場所となったのは、 リシケシュの中でもガンジス川上流に位置するアシュラム。 元々は厳格なヨガ道場だったみたいだが、 今はただの宿泊所としても開放しているらしい。 ↑宿泊したアシュラム前にあるヒンズー寺院 …

詳細を見る

リシケシュというヨガ聖地への旅@インド

ようやく慣れてきたデリーだが、ヨガの聖地リシケシュへ経つことに。 リシケシュはガンジス川上流にある小さな町であり、 デリーからバスでおよそ6時間の距離。 夜9時にメインバザールのエージェンシーに集合し、バスへ移動。 まずはバスの…

詳細を見る

安宿街メインバザールのローカル映画館に宣戦布告@デリー

デリーのメインバザールは、理想のアジア的カオスだ。 砂埃が舞い、露店が連なり、人々や動物が行き交っている。 騒々しく、熱気が満ち、活気溢れる。何でもありといった感じ。 このごちゃごちゃ感がバックパッカーには堪らない。 ゲスト…

詳細を見る

嘘つきインド人のストーカーレベルがヤバい@デリー

インディラ・ガンジー国際空港ロビーで夜を明かした朝7時、、 ついにデリーの街へ向かうことにした。 昨夜ロビーで声を掛けてきた 世界一周大学生のヨシ君と私という二人のパーティーメンバーだ。 到着ゲートの外は果たしてどうなっているの…

詳細を見る

インド空港深夜到着&下品な歓迎@デリー

バンコクを経ちインドのデリーへ向かう飛行機。 利用しているのは”ジェットエアウェイズ”というあまり聞きなれない航空会社。 ほとんどの乗客はインド人であるため、日本人の存在は浮いている。 機内はかつて味わったことのないほど騒々しい。…

詳細を見る

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール