丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

人生の良し悪しは、どんな仕事をしているかで決まる

tuukin

「仕事が僕たちの人生を決定づける」

一般的な社会人であれば、
1週間の時間のうち、睡眠時間を除くと、
仕事関連に費やす時間がほとんどを占める。

勤務時間、通勤時間、
上司同僚との付き合いの時間、といった具合に。

そうなると1週間のうち、
自分に使える時間なんて、たかが知れている。

大切な恋人や家族と過ごす時間なんて、
仕事関連の時間に比べたら、おまけ程度でしかない。

自分のやりたいことをやったり、
大切な恋人や家族と喜怒哀楽を共にすることが、
人生で一番大事なことであるというのに。

もし、”やりたくない仕事”をやっていたら、
それこそ人生をドブに捨てているようなものである。

一般的な社会人が費やす時間は、
仕事関連の時間がほとんどのために。

 

昔から、そんな本末転倒な状況を正当化するために
「定年退職後に好きなことして暮らそう!」
と言われてきた。

要するに、「60歳までの人生は捨てろ」ということ。

しかし、そんなヨボヨボな状態では、
やれることなんて、たかが知れている。

というか、近年は高齢化社会により、
年金が満額貰える年齢も年々引き上げられており、
60歳で引退なんてすっかり過去のこと。

そもそも、年金をちゃんと貰えるかどうかも怪しい。

 

そして、そんな仕事で満足した収入を得てないならば、
さらに人生が悲惨なものとなってしまう。

わずかに与えれたプライベートの時間に、
自分の本当にやりたいことができないばかりか、
大切な恋人や家族に幸せな思いをさせてあげることもできない。

おいしいものを食べさせてあげたり、
特別な旅行に連れて行ってあげたり、
欲しいものを買ってあげたりすることができない。

挙げ句の果ては、「金の切れ目は縁の切れ目」
と言わんばかりに、
大切な恋人や家族が他の誰かに奪われてしまう。

「愛があれば、お金は必要ない」
と思うかもしれないが、それはただの理想論。

実際のところ、離婚の一番の原因は「お金」である。

 

その後もお金がない状態は変わらず、
添加物や農薬まみれの
クオリティーの低い食べ物ばかり食べる日々。

そのうちガンなどの病気に掛かり、
病院で体を鋭利な刃物で切り刻まれたり、
チューブをつないだままで生活することになる。

そして、狭いワンルームの自宅でもがき苦しみながら、
「あぁ、あの時あれをやっておけばよかった・・」
と人生に後悔しながら。孤独死を迎えることに。

目を背けたいのはわかるが、
結局、今の社会では「お金」がものを言う。

こればかりは、仕方がない。

 

理想の仕事って存在するのか

ここでもし、1週間の時間のうち、
これまでの”仕事関連に費やす時間”と”プライベートの時間”が
入れ替わった生活ができるとしたらどうだろう。

つまり、仕事関連の時間が、
ほとんどプライベートな時間となってしまう。

仕事関連時間とプライベートな時間の比率が、
およそ2:8になってしまうイメージ。

それでいて収入は、会社の重役なみも可能なので、
たっぷりあるプライベートの時間で、
自分の本当に好きなことができる。

さらには、大切な恋人や家族に
「これでもか!」
というほどおいしいものを食べさせてあげたり、
いろんな特別な場所に連れて行ってあげたり。

もはや大切な恋人や家族は、尊敬さえしてきて、
決して他の誰かのもとに去ることはない。

老後の蓄えも自分で準備し、
生活保護や年金に頼ることはない。

そして人生の最後を迎えるときも、
大切な人に見送られながら、
「は〜、ほんと、人生やりきった。ありがとう・・」
と微笑みをうっすら浮かべて息をひきとる。

 

「凡人にとって、そんな生活を送れる仕事なんて、
あるわけないだろ!!」
と思ったことだろう。

その通り、凡人にとって
そのような生活を送れる仕事はない。

が、それはあくまでも”以前までの常識”。

今では、すっかり状況が変わってしまった。

 

昔と今では何が変わったのかというと、
インターネットの登場である。

実際のところ、平凡な会社員や主婦といった人たちが、
隙間時間を使ってインターネットを活用しながら
ひっそりと副収入を得ている。

そんなインターネットを活用した仕事を本業にして、
プライベートの時間にまみれた生活を送る者が
増えているというわけである。

インターネットを使った仕事のノウハウは、
実に様々である。

インターネットの中だけで完了するやり方もあれば、
リアルビジネスにインターネットを絡めるやり方など。

 

その辺については
自由な人生を手に入れる教科書
という電子書籍内で語られている。

(※今現在、Amazon販売1位を獲得した記念として、
期間限定で書籍の無料進呈が行われている。)

この著者は、皿洗いの仕事の副業として、
インターネットを使った仕事を取り組み始め、
それ以降、雇われない自由な生活を送っている。

どんな仕事の仕方をして、
実際にどんな生活を送っているのかが、
詳しく語られている。

彼の元でノウハウを学び、
今ではインターネットから非現実的な収入を得て
非常識な理想の生活している凡人も多い。

さらに書籍の付属特典として、
すでにこれまで一人で2億円を稼いでいる彼自身が行なう
ネットビジネス入門セミナー映像”も手に入れることができる。

人生の質を上げるインターネットを使った仕事が
どういうものかを知るには、良い機会であろう。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール