丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

変なインドネシア人との食事そして観光@ジャカルタ

ジャカルタ到着当日の夜7時半、宿泊先のホテルを出発し、
バスウェイのペセノンガン停留所へ向かった。

夜8時に現地インドネシア人女性の”プトゥ”と停留所で落ち合い、
一緒に食事をすることになっていたためだ。

プトゥは私の友人ではなく、兄の友人である。
ジャカルタ大学日本語学科に通う現役大学生。

私が今回ジャカルタへ行くに際して、兄が紹介してくれた。
彼女とは全く面識がなく、2,3日前にLINEでやり取りした程度。

兄の話によれば、プトゥはかなり熱心な日本語学習者であり、
兄もしばし質問攻めにあっているらしい。

 

停留所に辿り着くと、真っ暗でひと気のない中、
1人女性らしき人物が、スマホをいじっている姿を確認できた。

プトゥかどうか分からなかったので、逆に気づいてもらう作戦のため、
一度ゆっくりと女性の前を通り過ぎた。

しかし女性はスマホに夢中であり、こちらを見てくれない。
仕方なしに、こちらから英語で女性に話を掛けてみた。

私「あの、すみません。プトゥさんですか?」

女性「あ、はい、そうです。」

無事に会うことができた。

 

場所を”ソト・マドゥーラ・ジュアンダ”というレストランに移し、
夜ご飯を食べながらの国際交流が始まった。

メニュー表を開き、プトゥにお勧め料理を訊いたが、
なんか彼女はシドロモドロになっており、まともな答えが返ってこない。

仕方なしに私が勝手に料理を決め、
彼女にインドネシア語でオーダーを通してもらうことにした。

店員が来て、プトゥとのやり取りが始まったのだが、
プトゥがキョドり過ぎていたため、店員と話しが噛み合っていない。

そこでプトゥに代わり、なぜか私が英語でオーダーを通した。
私とプトゥ、完全にホーム&アウェーが逆になってしまっていた。

彼女は日頃の日本語学習成果を発揮する絶好の機会と
気負い過ぎており、完全に頭がショートしていたのだ。(笑)

そしてディナー中は、日本語が完全に頭から吹っ飛んだらしく、
ほぼ英語でのコミュニケーションとなってしまった。

全く変わった娘である。

閉店時間まで宴は熱く続き、
翌日一緒にコタ地区を観光するということで、一旦解散した。

 

 

翌日、待ち合わせ場所へ行くためバスに飛び乗ると、
なんと偶然にも同じバスにプトゥが乗っていたので、お互い驚いた。

バスの往来が激しい中で、これは奇跡としか言いようがない。

プトゥは昨夜よりも平静さを保っていた。
それでも超変人から変人になったという感じではあるが。。

この日は、プトゥの友人”ティウイ”も同行するということだったので、
待ち合わせ場所に2人一緒に現れたことに、ティウイも驚いていた。

ティウイはジャカルタ大学英文科の学生であり、
バリ人であるプトゥの幼馴染。

2人ともバリヒンドゥー教徒のため、
インドネシア人に多いムスリム特有の被り物はしていない。

 

今回の国際交流はそもそも、
プトゥの日本語実践力の向上が目的だったのだが、
ティウイが全く日本語が話せないため、
3人での会話は必然的に英語となってしまった。

まぁ私にとっては、英語の実践経験が積めるので、
それはそれで良かったのだが。

↓仲良しのプトゥとティウイ↓
putu

我々はジャカルタ北部のベタな観光地である、
コタ地区のファタヒラ広場へ足を延ばした。

ファタヒラ広場にはオランダ植民地時代に造られた建造物が
数多く存在するため、異国情緒感がある。

またそれらの建造物は、今では博物館や美術館となっているため、
歴史好きには堪らないエリアだろう。

また広場では、大道芸人がパフォーマンスを行っていたりと、
インドネシア人にとってのテーマパークでもあるようだ。

印象的だったのが、若者たちの多さ。
高齢化が叫ばれる先進国にはない活気に満ち溢れていた。

後進国が持つエネルギーには、毎度驚かされてしまう。

↓ファタヒラ広場↓
hiroba

↓インドネシア歌謡曲↓
DSCN2111

 

その後は2人のガイドにより、ジャカルタ市内を現地人目線で散策した。

旅人にとって旅行先のミニバスやベモ(乗り合いタクシー)に乗るのは、
かなり勇気がいるハイレベルなこと。

しかし現地人と一緒に行動することによって、
これらの庶民の足に乗るのは簡単。

そして一度システムが分かれば、次回からは1人で乗れてしまう。
便利で安い乗り物を使わない手はない。

↓ベモ車内↓
bemo

 

私に色々と知識を蓄えさせてくれた2人には感謝である。

↓私の奢りで3人でランチ↓
DSCN2115

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール