丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

ハロートークを出会い目的に使うと即アカウント削除!?

ハロートークを外国人との出会い目的で
果たして使うことができるのか、
今回、僕自身の経験を交えて語ることにする。

 

まずそもそもハロートークは、
”外国人と出会い”のためのアプリではなく、
”外国人との言語交換学習”のためのアプリである。

そのためハロートークは、
出会いや交際を目的とした利用の禁止を
アプリ内で公言している。

出会い以外にも禁止されている行為は以下の通りであり、
その際は”アカウントの永続的な削除”を行うと明言している。

・彼女/彼氏を探している。
・写真/個人連絡の無理な要求。
・言語学習者ではない。
・性的な内容。
・暴言。
・宗教/政治。
・偽の年齢/性別/国。
・スパムメッセージ。

以上のことをハロートークアプリ内で行うと、
退場の対象になるとのことであり、
そこは一般的な出会い系アプリと比べて厳しい。

 

ハロートークシステムが”出会い目的”を検知

では、ハロートークではどのようにして、
それらの禁止行為を把握しているのだろうか?

基本的には、それら禁止行為に関連する単語が
チャット内で入力された場合に自動検知し、
ユーザーに警告を促してくるシステムのようだ。

例えば、下画面のようにチャット内で、
出会うことを想定させるような単語が入力されたとき、
警告が発せられる。

hello06

これは僕が実際に外国人と行ったチャット。

相手がまずハロートーク以外の連絡手段として
「Facebookを使っているか」
と尋ねてきた。

そこでシステムが”Facebook”という単語に反応し、
僕の方に、
「個人の連絡先を他人に教えることはご遠慮ください」
という警告が発せられた。

そして僕は返事として、
「Facebookはあまり使っていない。
LINEはよく使っているけど、
ヨーロッパだとWhat’s appがいいのかな?」
みたいな文章を入力。

するとシステムが、
FacebookとLINEとWhat’s appという単語に反応し、
また僕に警告が発せられた。

この行為を何度もチャット内で繰り返すと
アカウント削除の対象となるようである。

 

そして、次の画面は
画像のアップロードに関しての警告。

hello05

相手と十分なメッセージ交換が行われていない状態で、
画像やWebリンクの送付が行われようとすると、
警告が発せられる。

結局このときは、画像の送付を行なえなかった。

 

ハロートークでは基本的に
”メッセージの交換が十分に行われていない”、
さらに、
”最初のメッセージからの日が浅い”状態で
外部連絡手段などに移行する行為を嫌う傾向にある。

 

さらにアカウントを削除される別の方法として、
”相手からの通報”がある。

hello04

相手側がこちらのプロフィール画面を訪れて、
”ブロック”または”検挙(通報)”できる仕組み。

とくに”検挙”された場合は、
ハロートーク運営側からのチャット内容の目視判断が
行われるのではと考えられる。

 

ハロートークで外国人と出会いは可能か?

先に述べたように、
ハロートークは出会い行為に関しては厳しい。

僕は数年前からハロートークを利用しており、
以前に比べて出会い検知システムが強化されたのを
肌で感じている。

以前は、警告がそんな簡単には発せられなかった。

では、もはやハロートークを
出会い目的に利用するのは現実的ではないのか?

そんなことはない。

僕自身、以前と変わらず現在もなお、
ハロートーク内で知り合った外国人と出会い、
リアル環境で国際交流を楽しんでいる。

幾らシステム検知が強化されたとはいえ、
不自然な行動を取らなければ、
外部連絡先の交換も普通に行える。

相手外国人と良好な関係を保っていれば、
スムーズな連絡先交換ができるのは実証済み。

 

またハロートークで出会いを求める際に、
特に気を付けいたいことがある。

ハロートークには真剣に
”言語交換学習のみを行いたいユーザー”が多いので、
最初はきちんと
「あなたの国の言語を学習中です!」
という姿勢を見せることが重要である。

そこからちょっと時間を掛けて関係を作り、
その後リアルの場で会うことを提案する。

僕はこのような方法で、日本または諸外国で
リアルな国際交流を行なっている。

要するに、
”ハロートークは外国人との出会いに使える”
ということだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール