丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

ハノイの無垢な女性マッサージ師とタクシー運転手

私は海外へ旅に行った際、必ずマッサージ屋に足を運ぶ。
元々海外へ行く理由が、セラピスト修行であったためだ。

ハノイでは日程的に、1件だけ行くことができた。
そこで選ばれたのが、評判の良い”ベトナム鍼灸院”である。

住所は分かっていたが、場所が全く分からないため、
ハノイ駅前の滞在ホテルからタクシーで行くことにした。

ハノイ滞在中でのタクシー利用の際は、マイリンタクシーと
ハノイタクシーを意識的に利用していた。

理由は特になく、なんとなく直感でセーフティーな感じがしたから。
実際何度か利用した際も、トラブルは一度もなかった。

後はタクシー会社だけで判断せず、
運転手の人相を見て、決めたりもする。

今回に関しては、ハノイ市内のどの辺りに目的地があるか
見当もつかなかったため、確実な運転手を見つけたかった。

medium_83019501

夜のハノイ駅前でのタクシーキャッチには苦戦した。
帰宅ラッシュでタクシー稼働率が高いのと、
街が暗いため発見され難いことが理由。

心が折れ掛けそうになったとき、ちょうど目の前に
ハノイタクシーが停車し、欧米人のお客を降ろしていた。

その欧米人も何のトラブルもなしに降りて行った。

「これは理想だ」と思い、すかさず乗り込んだ。

これまた運転手は坊主頭の田舎の甲子園球児みたいな
純粋そうな大人しい青年であった。

完璧な条件である。
変なことにはならないだろうと確信した。

 

颯爽と彼に店名と住所と電話番号の書いた紙を渡す。

しかしそれを見ると、彼は何か言い出したが、
ベトナム語のため理解できなかった。

ジェスチャーとかも交えた結果、どうやら目的地周辺は
時間帯通行止めが実施されているらしいことが分かった。

しかし「それでも近くに行ってくれれば問題ない」と伝え、
強引に出発した。

 

確かに夜のハノイ市内の渋滞は凄まじい。
バイクが多すぎて、車の進路を遮ったりして滅茶苦茶だ。

車がチマチマとしか進まない。
歩いた方がマシだが、
目的地が分からないためそうはいかない。

渋滞にハマる中、運転手はどこかに電話をし始めた。
しかも5言ほど言葉を交わした後、
いきなり私に携帯電話を渡してきたからビックリした。

常用が把握できない中、「Hello」と私は電話に応答した。
すると英語が聴こえてきたため、ちょっと安心した。
まぁそれでも電話の英会話は苦手なのだが。。

電話の相手はベトナム鍼灸院のスタッフであった。

「鍼灸院周辺が交通規制のため、
遠回りしなければならないので、
時間が掛かるけどOKか?」

という風に私に確認したので、
「問題ない」と答え電話を切った。

運転手はちゃんと自分が私に言ったことが伝わっているか、
確認したかったのだ。

かなり律義な優良ドライバーだ。
私の目に狂いは無かった。

 

結局1時間掛かり、無事にベトナム鍼灸院に到着した。
運賃は1200円ほどになっていた。

ベトナム人にとってはかなりの金額だったため、
純粋な運転手は緊張した面持ちであった。

私が笑顔で「ありがとう。グッジョブだったよ」と言い、
料金を渡すと彼はホッとし、子供のような顔になっていた。

 

帰りのタクシー賃以外のベトナムドンの手持ちが無かったので
お金を引き出すため、一度通りに出てATMへ行った。

しかしそこで頭が真っ白になった。
なんとクレジットカードがどこにも無いのだ。

冷静になって最後にカードを利用した記憶を辿った。
そして思い出した。
なんとお隣りの国である中国だ。
ATMでの恐らくカードの取り忘れだ。

どうしようもないと思いATMは諦め、
ドルキャッシュを持っていたので、
とりあえずベトナム鍼灸院受付へと行った。

 

するとドル支払いオッケーだったため、事なきを得た。
1時間掛けて来て、カード紛失に気づき、
何もしないですぐ帰るという無様なマネは避けることができた。

 

 

男性スタッフに変な通路を通され個室に案内された。
そして、「用意されたショートパンツ1枚になってろ」との指示。

建物がコンクリート造りのためか、裸では異常に寒い。
部屋でポツンと待っていると、なんか建物内のどこかから、
女の子たちのキャッキャッ騒ぐ声が聴こえる。

そしてマッサージ師が入って来たがビックリした。
てっきり案内した男がマッサージを担当すると思っていたが、
来たのは治療服に身を包んだ20才そこそこの女の子。

しかも純粋オーラが半端なく漂っており、眩しさを感じた。
その瞳のキラめきもかつて見たことがない。

なんか私の荒んだ気持ちが、浮いてしまうようだった。

また彼女は英語が全くできないため、
ベトナム語で私に何か必死に伝えていたが、
私には「ニャーニャー」としか聴こえなかったため、
もはや彼女が猫に思えてしまった。

 

しかし、いざマッサージが始まると、腕は確かであった。

しっかりツボを捉え、圧も強めであったため、
その気持ちよさに私は「ウーウー」と唸された。

またタイ式マッサージのようなアクロバティックな
ストレッチもあり、かなりMな感じでほぐされた。

噂通り、大満足のマッサージであった。

施術が終わった後、部屋の片づけをする彼女に
「カムオン(ありがとう)」とベトナム語で礼を言ったが、
発音が難しいため通じなかった。

しかし私は発音を変え、何度も「カムオン」と彼女に言うと、
彼女は意味が分からなかったらしく、
困った表情でそそくさと出て行ってしまった。

もしかしたら英語の「カモーン」と捉えていたかもしれない。
すると私は「来いや」「来いや」と言っていたことになる。
それじゃ、ただの変態野郎だ。

そんな笑い話を引っ提げ、鍼灸院を後にした。

 

 

タクシーを拾い、ハノイ駅前のホテルへの帰路についた。

すでに渋滞は無かったので、30分ほど掛かるかなと思い
リラックスしていると、10分ほどして急にタクシーは停まった。

そしてベトナム語で何か言ってきたので、
面倒事が起こったかと思い、戦いのスイッチを入れた。

しかし運転手が指差した方向を見ると、
なんと私のホテルであった。

まさかハノイ駅から10分で着く場所とは思わなかった。
それだから行きの運転手は必死に伝えていたのだろう。

まぁ全て勉強と割り切ることにしよう。

コメント

    • ペル
    • 2016年 3月 17日

    とても良い体験をされたようですね。ここのマッサージ店に行きたいと思いました。
    5月にハノイに行く予定です。良ければそこのマッサージの店を教えてもらえませんか?
    値段なども教えてもらえると幸いです。
    よろしくお願いします

      • cosmo725
      • 2016年 3月 31日

      名前は”ベトナム鍼灸院”で、ハノイ駅からタクシーで西へ15分ほどの場所にありました。駐在員の方の情報をネットで仕入れた形です。改めて、ネットで調べてみたのですが、ベトナム鍼灸院の情報はすでに見当たりませんね。お力になれなくて、すみません。ハノイ、楽しんでください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール