丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

【広州グルメ旅】広東人おすすめB級広東料理を堪能

中国の華南地区へはこれまで、深圳だけには訪れたことがある。

しかし深圳は中国政府によって、
意図的に作られた人工都市であるため、
そこに歴史を感じるような匂いは感じなかった。

そういう意味で言うと、今回、広州を訪れるに当たって、
初めての華南地区訪問といっても過言ではないだろう。

 

広東省の省都ならびに、中国華南地区の中心都市でもある広州市。

広東人と言えば、
世界でも指折りのグルメ民族として数えられている。

広東人は世界のチャイナタウンに散らばっているのは、
有名な話。

世界各国のチャイナタウンでは、広東語が飛び交っており、
またそこでは、広東料理のレストランが軒を連ねている。

そう世界の人たちにとっての中華料理とは、
広東料理を意味することが多い。
(※あとは、福建料理も割と多い)

 

そんな広東省の中心都市である広州で、
現地に住むグルメ広東人女性のガイドのもと、
本場の広東料理をたらふく堪能してきた。

広東料理とはどんなものなのか、
実際に食べたものを今回、紹介していくことにする。

 

1つ注意しておきたいのが、決して
「広州にあるレストランや食堂=広東料理」
ではないということ。

単純にも僕自身がこのように定義していただけに、
奇しくもガイド役のグルメ広東人(友人)に
「それは間違った考え方!」
と、かわいらしくお灸を据えられていたのだった。(笑)

 

実際のところ、広州にはたくさんの外省料理店が軒を連ねている。

外省料理とは、広東省以外の地域の料理という意味。

グルメである広東人は、広東料理にこそ誇りを持っているため、
外省料理には目もくれないのが一般的。

そしてさらに広州には、
外省人が経営する”偽”の広東料理店も存在する。

そんな偽の広東料理店も、ガイド役のグルメ広東人は、
見破ってくれるため、今回は本物の広東料理を堪能できた。

 

 

現地広東人女性おすすめのホンモノ広東料理

それでは実際に食べた、
定番の広東料理を紹介することにしよう。

艇仔粥(ting zai zhou)

20151005_124032

艇仔粥は、中国版お粥といったところだろう。

広東人はよく、朝食や昼食にこのお粥を食べる。

あっさりとした味付けの日本のお粥と違い、
艇仔粥の味付けは割と濃く、少々薬膳ぽい。

好き嫌いが若干分かれると思うが、
私は好きである。

値段は、6人民元という安さ。

 

 

陈添记鱼皮

20151005_123853

ちょっと写真がボケて分かりにくいかもしれないが、
これは魚の皮と薬味の和え物である。

陈添记鱼皮は、かなりクセがあり初めは若干抵抗があったが、
一度食べると、次々に箸が伸びてしまう不思議なテイスト。

ほぼ私1人で、たいらげてしまった。(笑)

また、クチャクチャとした食感なので、
お酒のつまみには、かなりいけると想像できた。

このことをグルメ広東人に尋ねたところ、
やはり酒の肴としても、よく広東人は食べるらしい。

素材が魚なので、値段は23人民元と割と高めの設定。

 

 

肠粉(chang fen)

20151005_133230

肠粉(写真左側)は、かなり有名な広東料理だろう。

香港の飲茶メニューでも、よくお目にかかる。

肠粉は、広東人の朝ご飯らしく、
また、卵、野菜、肉など、いろんな種類の肠粉があるとのこと。

写真にある私が食べたものは、野菜入りの肠粉。

特別クセがないため、これは「うまい」の一言。

値段は、14人民元と妥当なところ。

今回訪れた長寿路にあるこの腸粉店は、人気店らしく、
大雨にもかかわらず、多くのグルメ客で賑わっていた。

 

 

牛杂(niu za)

20151005_133142

牛杂は、牛の内臓をタレで煮詰めたものである。

胃袋や小腸や食道など、牛のあらゆる内臓が入っており、
「これぞ広東料理!!」といった仕上がり。

クセのある匂いはないものの、いろんな食感があるため、
ダメな人はダメだろう。

なんにせよ、見た目が少々グロい。(苦笑)

しかし、味付けは素晴らしく、
これもまた酒の肴としてはポテンシャルを発揮しそうである。

私は珍味好きなためか、おいしくいただいた。

値段は、12人民元。

 

 

原只椰子炖乌鸡

20151005_152738

広東地方の家庭では、手作りの薬膳スープがよく飲まれる。

ガイド役のグルメ広東人女性も、
「料理を作るのは苦手だけど、スープ作りは得意よ」
と、自信ありげに語っていた。

女性に家庭的なところを想像させられると
思わず「ドキッ」としてしまうのは、
男の性(サガ)なのだろうか。(笑)

 

今回訪れたスープ専門店には、
様々な種類のスープメニューがあった。

20151005_1539111

僕たちがオーダーしたスープは、原只椰子炖乌鸡といって、
椰子の実の中に、鳥と薬味を煮込んだスープが入ったもの。

スープは、クセなくサッパリとしているため飲みやすく、
また飲んだ後、体が潤っている感覚があった。

値段は、18人民元。

広東人は、健康や美容のために、
このようなスープを多い人では毎日飲むらしい。

 

また今回訪れたのは、かなりの名店らしく、
常に大勢の人で賑わっていた。

 

 

煲仔饭(bao zai fan)

20151005_212600

煲仔饭は、程よく炒めた野菜と肉の燻製を、
ご飯の上にトッピングした丼ぶり系の広東料理。

肉の燻製とは、サラミソーセージみたいなもの。

今回食べた写真の煲仔饭は、豚肉のサラミであるが、
その他にも、牛肉や魚肉のサラミが選べるとのこと。

味の方は、日本人の口に合う仕上がりだが、
油っこいので、少々どっかりと感じてしまう。

値段は、16人民元。

 

 

荷叶叉烧饭(he ye cha shao fan)

20151006_104836

蓮の葉の上にご飯を敷き、
その上に豚肉のチャーシューと野菜を盛り、
スチームで蒸した料理。

味は濃いめであり、けっこう油がきつく、
また、量は多めである。

今回は朝食としてオーダーしたが、
途中で「ウッ」となり、完食できなかった。(苦笑)

値段は13人民元と、安い割に食べ応えは十分にあり。

 

写真は、今回訪れた典型的な広東料理のローカル食堂。

メニュー表からは、
全般的に価格が安いことが分かってもらえるだろう。

20151006_103551

20151006_103513

 

 

云吞(yun tun)

20151004_142211

広東省潮州地方の名物である、いわゆる水餃子。

これは、かなりあっさりとしていて、普通に美味しい。

なので、特に何も語ることはないだろう。

価格は、小サイズで12人民元、大サイズで20人民元。

小サイズで、十分お腹を満たすことができる。

店内の雰囲気
20151003_194127

 

 

おまけ:広東地方のその他の食べ物

広東地方には、変わったおやつがあったので紹介しよう。

砵仔糕

砵仔糕と呼ばれるこのおやつは、ゼリーのようなもの。

ゼリーの中に、小豆だったりフルーツが入っていたりと、
種類は様々であり、1つ2.5元。

”ゼリー”と表現したが、一般的なゼリーよりも固く弾力性がある。

そのため、クチャクチャと食べるような食感。

常温のため味はイマイチであったが、
冷えていたら結構美味しいかもしれない。

 

榄(lan)

20151006_160427

カンランと呼ばれる植物の果実であり、
広東地方ではよく売られている。

東洋のオリーブと呼ばれているとか。

味は多少甘酸っぱい感じで淡泊であるが、
一度食べると止まらなくなる中毒性の高いおやつ。(笑)

1パック5元で売られているので、
バスや鉄道での移動時のお供におすすめである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール