丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

独裁者スターリンの故郷ゴリへ観光@グルジア

第2次世界大戦中、鉄の睾丸を持つ男として名を馳せた、
旧ソビエト連邦の独裁者スターリン。

人間とは思えないような様々な粛清を行い、
恐怖政治で旧ソ連を率いた人間として巷では有名であろう。

スターリンが行ったことについての情報は、
巷にごまんと溢れているため、ここでは割愛する。

ただ私は”自己実現家”という立場から、
彼には興味を抱いてしまう。

↓ディドゥベ・バスターミナル↓
DSCN1752

トビリシ市内西側にメトロ駅に隣接する形で、
ディドゥベ・バスターミナルがある。

少々カオスな感じの不案内なバスターミナルであったため、
おじさんを掴まえて「ゴリに行きたい」と言うと、
親切にバスへ案内してくれた。

事前にチケットを買う必要があり、恐らく200円ほどであった。

中型バスが超満員になったところで、ゴリに向けて出発。
本当にゴリへ向かっているか多少不安であったが、まぁ気にしない。

ゴリまでの道路は綺麗に舗装されており、渋滞にも無縁で快適。
また特筆すべきは、道中窓の外に見える風景の素晴らしさ。

映画サウンドオブミュージックに出てくるような大自然が広がっていた。

 

そうこうしているうち、1時間半ほどで無事にゴリの町へ到着した。

DSCN1760

かなり小さな、これまた洗練されていない味のある町である。
私が好む”着飾っていない町”のため、一瞬で気に入った。

郊外には枯れ木の中、共産主義独特の冷たい公団が立ち並び、
私がイメージしていた”旧ソ連”という感じを味わえる。

その公団内を歩いたのだが、その冷たさに身震いしてしまった。

DSCN1798

DSCN1799

DSCN1800

DSCN1797

 

私は町の中心にある”スターリン博物館”へと歩を進めた。

到着しエントランスのドアを開けると、警備員が私に近づいてきた。
な、なんと休館日なので中に入ることができないとの事だ。

がっかりしたがそれもそのはず、本日は1月2日である。
鉄の睾丸を持つ男も正月休みが必要らしい。(笑)

博物館の外にはスターリンが使っていた専用車両と、
彼が育った家のレプリカが置いてあった。

↓スターリン博物館↓
DSCN1778

↓専用車輛。シベリア鉄道などを滑走していたのだろう。↓
DSCN1773

↓生家のレプリカ。スターリンは質素な家育ち。↓DSCN1777

 

そして博物館正面には、堂々とスターリン石像が建っていた。

ソ連時代には国中の至る所にこの石像が建てられていたが、
今ではこの一体のみしか残っていない。

なんかパワーを感じてしまう。
博物館に入れなかった腹いせに、彼とのツーショットを頂いた。

DSCN1776

 

博物館を後にすると、絵になる丘の上の教会が遠くに見えたので、
住宅地を突っ切って、行ってみることにした。

↓丘の上に教会が見えた↓
DSCN1779

住宅地も閑散として哀愁が漂っている。

途中、元気にサッカーをしているチビッ子たちがいたため、
一緒にサッカーをして遊んだ。
スポーツは言葉なしで遊べるから、素晴らしい。

DSCN1780

 

丘の上の教会に辿り着いた。
予想以上に哀愁漂った絵になる、かわいい教会である。

しかも丘から見える風景が素晴らしい。
奥には雪を被ったコーカサス山脈が連なり、
眼下にはゴリの町が広がっている。

ここには墓地も併設されているが、さぞ御霊も喜んでいることだろう。

DSCN1781

DSCN1793

↓コーカサス山脈↓
DSCN1786

↓墓地↓
DSCN1794

 

グルジアの教会はそれぞれが異なっており、
個性的かつ絵になるので、つい興味深く見てしまう。

ゴリでも教会を訪ねていたが、とある教会では、
入り口に屯していたオバちゃん達に、
なんかグルジア語で話しかけられた。

よくよく聴くと、「お金」と言っているようだった。

最初教会へ入るのに入場料がいるかと思ったが、
別の女性が出て来て、「外国人にお金と言わないの!」
みたいなことを言ってたので、そこで気づいた。

彼女らは、ただのホームレスであったのだ。
悲壮感のなく幸せな感じであったので、
ホームレスだとは気づかなかった。

グルジア国民の幸福度は高い。

私は彼女たちに
「お金を上げるから、写真を撮らせてください」
とジェスチャーを交えて言ううと、快くOKしてくれた。

しかもほんの小銭しか上げなかったのだが、
彼女たちは大いに感謝してくれた。

なんか元気を貰ってしまった。
恐るべし、グルジア。。

DSCN1795

↓陽気なホームレスのおばちゃんたち。かわいい。↓DSCN1796

 

ゴリ観光を終えトビリシに戻るべく、バスターミナルでバスを待っていると、
1人の若い青年が話しかけてきた。

グルジア語もしくはロシア語だったので、よく分からなかったが、
私は「トビリシに行きたい」と連呼した。

彼は英語がまるで駄目だったらしく、
少し英語の分かる別の青年を連れて来た。

どうやら最初の青年は白タクのドライバーらしく、
お客を探していたらしい。

そして多少英語の分かる青年は、すでに掴まえているお客。

いろいろ話すと、「バスより安い運賃でトビリシまで行く」
ということだったので、白タクに乗るという冒険を選択した。

 

ゴリを抜けて、高速道路を突っ走っていると、
途中で1人のお客を拾った。

この男はグルジア人には珍しく陽気な男だったので、
彼と色々コミュニケーションを取った。

↓陽気なグルジア人と↓
youki

お互い話す言語は違えど、なぜか通じ合っていたのが印象的だ。
やはり現地人とのコミュニケーションは、ひと際楽しさを覚える。

車中でワイワイやってるうちに、
やがてディドゥベ・バスターミナルへ到着した。

アジアで有りがちな、到着して値を上げるようなこともなく、明朗会計。
速いし、安いし、面白かったし、かなりお得な旅であった。

↓白タク仲間たちとの別れ↓
DSCN1803

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール