丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

新幹線の中で一人っ子政策にメスを入れる@中国

上海浦東空港に降り立ち、バスで上海駅へと向かった。
リニアと地下鉄を乗り継いで行くと言いう手段もあるが、
面倒かつ費用が高いため、バスを利用した。

またバスは渋滞にハマるデメリットはあるものの、
街の様子などを観察できるメリットがあるのでよく利用する。

今回は新幹線に乗り、無錫に住む中国人友達を訪ねる旅である。

 

上海駅に初めて来たが、その大きさに驚いた。
さすが中国、土地や空間は贅沢に利用しているといった感じだ。

チケットを買おうとしたが、どこで買って良いかさっぱり分からない。
あるのは自動券売機だけである。

自動券売機で購入するには、中国のIDカードが必要である。
なので旅人は、必然的に有人窓口で購入しなくてはならない。

しかし駅の入り口周辺を探し回ったが、見つけることができない。

適当に係員を掴まえて、英語でチケット売り場を訊ねたが、
英語を理解してくれない。

英語の流通度が低い中国に洗礼を受けた感じだ。

 

そこで私は、文明の利器を活用することにした。
スマートフォンの有効利用だ。

まず無錫の友人にスカイプ電話し、要件を伝え、
そして私が駅係員にスマホを渡し、友人が要件を伝える。

まぁいわゆる、電話を介しての通訳である。

係員に「我的朋友(私の友達だ)」と言いスマホを渡すと、
戸惑っていたが、有人と会話していた。

そして終話後、有人窓口に案内してくれた。
雑な案内であったが、まぁ作戦成功である。

しかし有人窓口は駅入り口から遥か遠い東という
非常に分かりづらい場所にあった。

これではなかなか発見できないのも当然だ。

 

 

南京行きの新幹線に無事に乗ることができ、
快適に無錫新区駅を目指した。

私が外国人なので興味があるのか、隣に座っていた少年が、
読書しながらもチラチラ私を見ていたのが分かった。

いかにも一人っ子政策で過保護に育てられている、
親の操り人形のような子供だ。

表情に覇気は無く、完全に魂を抜かれてしまっている。
芽を摘まれているといった方が、分かり易いかもしれない。

 

私が時折チラッと少年の方に視線を移すと、
少年は視線を本に向ける。

そんな遊びを何度か繰り返した後、
私は知りうる限りの中国語で彼に話しかけた。

私「こんにちは。あなたはどこの人ですか」

少年はしていなかった読書をすぐに辞め、返事した。

少年「私は無錫の人間です」

人生で初めて友人以外に使った中国語が通じたため
かなり感動してしまった。

 

しかし通路を挟んだ右後方に座っていた少年の母が
変な外人と話している我が子を監視しているのが分かった。

なんか言ってきたら、
「あんたがこの子の人生を台無しにしているんだ!」
と熱く語ってやろうと思っていた。(笑)

母親の無言のメッセージを無視し、
少年とは下車するまで身振り手振りで会話していた。

私の方がむしろ少年のようであったような。。

しかしながらやはり彼の根は純粋な子供であった。

↓左端に映るのが教育ママ↓shounen

 

 

無錫新区で降りると友人のリンリンが迎えに来てくれていた。
そして彼女の故郷である徐州の料理を食べに行った。

無錫新区という町には、日系、韓国系の工場が多くあるため、
韓国食と日本食のレストランが割と多く存在する。

リンリンも某日系企業で働くキャリアウーマンだ。
そのため日本語が堪能である。

 

それにしても中国人の歓迎スタイルは慣れない。

これでもかという程、食べ物をお腹いっぱい食べさせられるので
小食の自分は毎度ぶっ倒れてしまう。

↓リンリンはあまり食べないので、私一人で食べる必要がある↓DSCN1565

 

同郷のためか、リンリンは店主と仲良さそうに話す。
それで私も、店主に知りうる限りの中国語をぶちまけると
店主は笑い、いたく私を気に入ってくれた。

すると店主は特別な酒を振る舞ってくれた。
真っ赤な色の液体にヘビが入っているではないか。
アルコール度数は、なんと50度らしい。

ただでさえ酒が弱い私だが、親切心と好奇心から
飲んでみることにした。

sake

 

「カーーーーッ」

一口だけで全身に火が走った。
ごめんなさい、結局残してしまいました。

愉しい晩餐を終え、翌日は無錫市内の観光へと出かけた。

続きを読む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール