丸腰の非正規労働者が独立し国際交流を楽しむ。一匹狼で人生を欲望的に生きる一風変わった豊かな生活。

銃が見え隠れするカンボジアの治安

「カンボジアで、邦人が帰宅途中に銃で撃たれた」
というニュースをネットで見た記憶がある。

なので、カンボジアの治安は悪そうだと思っていた。
たしか強盗だったと思うが、一般市民が銃を持っている時点で、
治安がよろしいとは言えないだろう。

 

カンボジアの首都プノンペンに到着した初日、
昼だったためか、そこまで治安の悪そうな雰囲気はなかった。

それからホテルで仮眠を取った後、夕食の為に外出したのだが、
一国の首都とは思えないほど、あまりにも通りが暗かったので、
その治安の悪そうな雰囲気に”ゾクッ”としてしまった。

街中に設置されている電灯が少なすぎであり、
路地に関しては真っ暗。

大通りに関しても、おおよそ暗い。
車のヘッドライトが通りを照らしてくれる分、
路地よりも明るいといった感じである。

なので夜歩き時は、変に被害妄想に駆られてしまう。
誰か後ろに付けて来てないか、時折振り返ったりと。

 

そんな中、プノンペン市内で夜でも明るい場所と言えば、
ワット・ウナロム周辺のツーリストエリアだろう。

この界隈は欧米人向けのレストランやバーなどが、
夜遅くまで営業している。

またトンレサップ川沿いは、街灯のある遊歩道となっているため、
現地カンボジア人たちも、辺りをウロウロしている。

私もプノンペン滞在中、このトンレサップ川沿いには、
夜何度か訪れて、人間観察をしていた。

夜の川沿いは割と涼しく、
またライトアップされた王宮が荘厳であるため、心地よい。

カンボジアには、割と1人で歩いている者が多い。
しかもカンボジア人は基本的に表情がないため、
彼らが何を考えて歩いているのか読めない

タイ人やベトナム人とは、個性が全く異なる。
どちらかというとインドっぽい感覚。

野性味があるので、観察していて面白い。

 

 

ツーリストエリアのシソワットキー通りを歩いていると、
ブローカーからよく声を掛けられる。

ブローカーのほとんどは、トゥクトゥクやバイタクのドライバー。

日本人と分かるやいなや、日本語で「おんな?」と声を掛けてくる。
「No」と答えると次に「ハッパ?(大麻)」と言ってくる。

「No」と答えると、「コカイン?」「エクスタシー?」と
次々に麻薬の名前を挙げ、食い下がって来る。

どうやら違法ドラッグが何でも簡単に手に入るようだ。
そんな環境だから、銃も割と簡単に手に入るのだろう。

すなわち治安はあまりよろしくないと言える。

 

これは同じカンボジアのシェムリアップでも同じである。

メインストリートであるシヴォタ通りを夜歩いていると、
ブローカーが声を掛けて来て、
「女を買え」だの「ドラッグはいらないか」など言ってくる。

 

 

カンボジアは北朝鮮との結びつきが強いらしい。

そのためかプノンペンとシェムリアップには、
”平壌冷麺”なる北朝鮮のお店が営業している。

お店では”喜び組”と言われるような踊り子たちが、
本場さながらの余興を行うらしい。

基本的に平壌冷麺は、
韓国からのオヤジ団体客で賑わっているらしいが。。

北朝鮮とのパイプが強いとなると、麻薬や銃の入手は容易であろう。
なにせそれらは北朝鮮の主流輸出品なのだから。

私自身、カンボジアでは直接的な身の危険はなかったが、
”治安はあまりよろしくない”というのが、
カンボジアの治安状況として言えることではないだろうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール



戸茂 潤(とも じゅん)

プロフィール